映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ステキな金縛り:お父上は必ずそなたを見ています【邦画名セリフ】

「ステキな金縛り」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20190308223501p:plain

 

 

ステキな金縛り - Wikipedia 

ステキな金縛り
Once in a Blue Moon
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
出演者 深津絵里
西田敏行
竹内結子
草彅剛
浅野忠信
阿部寛
中井貴一
音楽 荻野清子
撮影 山本英夫
編集 上野聡一
製作会社 フジテレビ
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 2011年10月29日
上映時間 142分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 42.8億円

 

 

【ステキな金縛り:内容紹介】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

『ステキな金縛り』(ステキなかなしばり、Once in a Blue Moon)は、2011年10月29日に全国で公開された日本映画。三谷幸喜監督による、落武者幽霊と三流弁護士による法廷サスペンスコメディ・エンタテインメント・ムービー。主演は深津絵里、西田敏行。2011年10月19日にはニューヨークのアカデミーシアターでプレミア上映されている

キャッチコピーは「証人はただ一人、落ち武者の幽霊。」。

 

 

【ステキな金縛り:ストーリー】※公式HPより引用

妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。矢部はエミに「証拠は私を犯人に仕立てるためのトリックで、その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」とアリバイを証言し無罪を主張する。ありえないアリバイであるために、エミは矢部が殺人を犯したのではないかと疑ったが、矢部が泊まった旅館に赴いた。エミは、矢部に一晩中またがっていた落ち武者・更科六兵衛に出会う。エミは六兵衛に、法廷で証言するように求めたが、六兵衛はまたがっていたことは認めるも、証言には乗り気ではなかった。しかし、「矢部五郎が本来は無罪であるのに裁かれようとしている」ということを聴き、自身の最期も背信行為をしたとして打ち首にされたことによるため、矢部に同情し、法廷で証言することにした。

しかし、六兵衛は特定の条件を満たす人にしか見えない。そこでエミは、六兵衛の息は誰でも感じることができることから、フエガムの音を用いて証言に利用したり、砂鉄を使って六兵衛が実際に法廷内にいることを証明しようとした。

対する検事・小佐野徹は非科学的なことを嫌っており、「見えない」六兵衛を存在するものにさせようとする一連のエミの試みはトリックであり、法的に無効であると主張する。それに対し、エミは六兵衛の助けを借りて、小佐野も実際には六兵衛が見えているということを証明し、小佐野はその存在を認めた。幽霊が証言台に立つという前代未聞の裁判が始まることになった。

 

 

【ステキな金縛り:キャスト】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用
 

映画レビュー ステキな金縛り:起承転結
起:最後の弁護
承:落ち武者に出会う
転:落ち武者が見える人が他にも
結:裁判の判決!
 
  

映画レビュー ステキな金縛り個人評価=★★★★★】

※2011年のマイベスト映画です!

→ マイベスト映画@1930年~2018年:1年毎1映画を厳選しました! - 映画名セリフ人気ランキングTOP10

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー ステキな金縛り:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.三谷幸喜監督の作品は鉄板、絶対観なきゃ損!!!
2.更科六兵衛〔証人、落武者の幽霊、後北条氏家臣〕:西田敏行が凄すぎる!!!
3.キャストが豪華すぎて、とにかく素敵で楽しい、邦画の最高峰!  
 

【映画レビュー ステキな金縛り名セリフとそのシーン】
 ・「お父上は必ずそなたを見ています」
→公園で、西田敏行が深津絵里に言う名セリフ。
 

【ステキな金縛り:Youtube情報】       
 

ステキな金縛り:購入するなら

【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング