映画名言名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名言名セリフとそのシーン)と映画名言名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

彼のオートバイ、彼女の島:そこで待ってろ 私が待ってる【邦画名セリフ】

「彼のオートバイ、彼女の島」を観ましたので、レビューします! 

f:id:review-movie:20190624211054p:plain

 

 

 彼のオートバイ、彼女の島 - Wikipedia  

彼のオートバイ、彼女の島
監督 大林宣彦
脚本 関本郁夫
原作 片岡義男
製作 角川春樹
出演者 原田貴和子
渡辺典子
竹内力
音楽 宮崎尚志
石川光(音楽プロデューサー)
主題歌 原田貴和子
「彼のオートバイ、彼女の島」
撮影 阪本善尚
編集 大林宣彦
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開 日本の旗 1986年4月26日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億5000万円

 

 

【彼のオートバイ、彼女の島:内容紹介】彼のオートバイ、彼女の島 - Wikipediaより引用 

『彼のオートバイ、彼女の島』(かれのオートバイ、かのじょのしま)は、片岡義男の小説、またそれを原作にした日本の映画。

音楽大学に通い、オートバイ(カワサキの650RS-W3)に乗り、アルバイトでプレスライダーをしている主人公と、瀬戸内出身の女性が、初夏の信州、温泉で知り合い、展開していく物語。

  

 

【彼のオートバイ、彼女の島:ストーリー】Amazonより引用 

爽やかな風が吹く初夏の信州。
一人、オートバイで旅立った男の前に、風のように現れた女。
都会の雑踏の中、オートバイを通し、自然に結ばれていく2人。
そして、季節は再び夏へ。
女は「風が止まったみたい」と言葉を残し、〔彼女の島〕へ帰ってしまう…。
片岡義男の同名小説の映画化。

 
 
 【彼のオートバイ、彼女の島:キャスト】彼のオートバイ、彼女の島 - Wikipediaより引用 
 

 
彼のオートバイ、彼女の島 彼のオートバイ、彼女の島 (1986)

【監督】大林宣彦
【出演】渡辺典子 / 原田貴和子 / 竹内力 / 三浦友和 / 田村高廣 / 高柳良一 / 根岸季衣


★★★☆ [70点]「そこで待ってろ 私が待ってる【邦画名セリフ】」
 

【映画レビュー 彼のオートバイ、彼女の島:起承転結】
起:出会い
承:再会
転:免許取得
結:ツーリング→エンディング!
 

【映画レビュー 彼のオートバイ、彼女の島:名セリフとそのシーン】
・「そこで待ってろ 私が待ってる」
→二股に分かれる道の前で、竹内力が言ったセリフに主人公:原田貴和子が返答する名セリフ。
 

【映画レビュー 彼のオートバイ、彼女の島:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.原田知世のお姉さん:原田貴和子がピュア過ぎて凄い、セクシーシーンも綺麗!!!
2.竹内力のデビュー作、最初っから最後まで彼だと全く分からなかったぐらい、新鮮で良い役!!
3.大好きな片岡義男映画第3弾、脚本とバイク(カワサキの650RS-W3)シーンがやっぱり素敵!


Posted by 【喜伝会】会長 on 2019/06/24 with ぴあ映画生活
 
 
【彼のオートバイ、彼女の島:Youtube情報】 
 
 
 
【彼のオートバイ、彼女の島:買うならこれがオススメ!】