映画名言名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名言名セリフとそのシーン)と映画名言名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

異人たちとの夏:さよなら、お父さん、お母さん、ケイ【映画名セリフ】

「異人たちとの夏」を出張先のホテルで観ましたので、レビューします!       

f:id:review-movie:20200227205543p:plain

 

 

異人たちとの夏
The Discarnates
監督 大林宣彦
脚本 市川森一
製作 杉崎重美
出演者 風間杜夫
片岡鶴太郎
秋吉久美子
名取裕子
永島敏行
音楽 篠崎正嗣
撮影 阪本善尚
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1988年9月15日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
 
 
【異人たちとの夏:内容紹介】Amazonより引用  

こんな夜なら誰にだって優しくなれる。

●渇き切った現代人の生活に、そっと忍び込んでくる孤独と幻想。お伽話といって笑えない不思議な時間と非現実な空間。
●第一回山本周五郎賞を受賞した山田太一の小説を、市川森一の脚色で大林宣彦が演出した異色作。異人である父母とのひと時のふれあいと、奇妙な出会いをした恋人との不思議な愛の幻想を描く。
●第12回日本アカデミー賞最優秀賞2部門受賞ほか優秀賞11部門受賞ほか、88年度の映画賞を独占した。

 
 
 【異人たちとの夏:ストーリー】異人たちとの夏 - Wikipediaより引用

壮年の人気シナリオライターの原田は妻子と別れ、マンションに一人暮らし。ある晩、若いケイという女性が飲みかけのシャンパンを手に部屋を訪ねてきた。「飲みきれないから」という同じマンションの住人である彼女を冷たく追い返す。数日後、原田は幼い頃に住んでいた浅草で、彼が12歳のときに交通事故死した両親に出会う。原田は早くに死に別れた両親が懐かしく、少年だった頃のように両親の元へ通い出す。「ランニングになりな」とか「言ってる先からこぼして」などという言葉に甘える。

ケイにも原田は出会う。チーズ占いで木炭の灰をまぶしたヤギのチーズを選ぶと、「傲慢な性格」だといわれる。不思議な女性だと感じながら彼女と愛し合うようになる。父とキャッチボールをしたり、母手作りのアイスクリームを食べたり、徐々に素直さを取り戻して行く。両親を失ってから一度も泣いたことはなく、強がって生きてきたのだった。

しかし二つの出会いと共に、原田の身体はみるみる衰弱していく。ケイもまたあの日にチーズナイフで自殺していたのだった。「たとえ妖怪、バケモノでもかまわない。あの楽しさ、嬉しさは忘れられない」というが、別れの時がくる。最後は浅草の今半別館ですき焼きを食べることになるが、「たくさん食べてよ」というのに両親は微笑むだけ。

 

 
 【異人たちとの夏:キャスト】異人たちとの夏 - Wikipediaより引用   
  
  
【映画レビュー 満足度=90点】
100点:公開年TOP映画!!! ※個人年間ベスト作品
90点:超オススメ映画!! ※個人年間ベスト2-10作品
80点:オススメ映画! ※観て欲しい作品
70点:素敵な映画 ※観ても良い作品
60点:残念な映画 ※観なくても良い作品
 
 
【映画レビュー 異人たちとの夏:起承転結】
起:不思議な夜
承:死んだはずの両親?
転:体の異変
結:悲しい別れ!
 

【映画レビュー 異人たちとの夏:名セリフとそのシーン】
・「さよなら、お父さん、お母さん、ケイ」
→ラストシーンで主人公:風間杜夫さんが言う名セリフ
 

【映画レビュー 異人たちとの夏:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.大好きな片岡鶴太郎
さんと秋吉久美子さんの夫婦演技がめちゃくちゃ最高!!
2.主人公:風間杜夫さんと名取裕子さんの二人きりのシーンもいいなあ!!
3.とにもかくにも、監督:大林宣彦さん、原作:山田太一さん、凄すぎる
 
 
【異人たちとの夏:おすすめyoutube!】    
 
  
【異人たちとの夏:買うならこれがオススメ!】
 
 
【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング