映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

イングリッシュ・ペイシェント:決して君を離さない【洋画名言名セリフ】

映画「イングリッシュ・ペイシェント」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916203639p:plain





イングリッシュ・ペイシェント:ウィキペディア情報

イングリシュ・ペイシェント
The English Patient
監督 アンソニー・ミンゲラ
脚本 アンソニー・ミンゲラ
原作 マイケル・オンダーチェ
イギリス人の患者
製作 ソウル・ゼインツ
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
スコット・グリーンステイン
出演者 レイフ・ファインズ
クリスティン・スコット・トーマス
ジュリエット・ビノシュ
ウィレム・デフォー
ナヴィーン・アンドリュース
コリン・ファース
ジュリアン・ワダム英語版
ユルゲン・プロホノフ
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 ジョン・シール
編集 ウォルター・マーチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月15日
日本の旗 1997年4月26日
上映時間 162分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
イタリア語
アラビア語
製作費 $27,000,000[1]
興行収入 $78,676,425[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$231,976,425[1] 世界の旗

 

 

イングリッシュ・ペイシェント:内容紹介】※Amazon.comより引用

1996年度米アカデミー賞(R)最優秀作品賞を含む9部門受賞

 

1996年度米アカデミー賞(R)最優秀作品賞、最優秀監督賞(アンソニー・ミンゲラ)、最優秀助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)を含む9部門を制覇。

このパワフルな秀作が観客の脳裏から消えることはないだろう。

第二次世界大戦下、英国連合軍の野戦病院に収容されたミステリアスな患者(レイフ・ファインズ)。

誰も彼の危険な過去を知らない。

だが、彼の身元が明らかになったとき、情熱と陰謀と冒険の驚くべき物語が紐解かれていく。

クリスティン・スコット・トーマス、コリン・ファース、ウィレム・デフォー等、豪華スターの共演も見どころ。



イングリッシュ・ペイシェント:あらすじ・みどころ】※TSUTAYAより引用

第二次世界大戦下の、北アフリカを舞台にした作品。撃墜されたイギリスの飛行機から、全身に火傷を負った男が助け出された。記憶を失っていたために“英国人の患者”と呼ばれることになった彼は、収容された野戦病院で看護婦ハナの介護を受け、少しずつその記憶を回想する。それは人妻との、砂漠での熱狂的な恋の物語だった……。


【イングリッシュ・ペイシェント:キャスト】※ウィキペディアより引用

ラズロ・アルマシー レイフ・ファインズ
キャサリン・クリフトン クリスティン・スコット・トーマス
ハナ ジュリエット・ビノシュ
デヴィッド・カラヴァッジョ ウィレム・デフォー
キップ ナヴィーン・アンドリュース
ジェフリー・クリフトン コリン・ファース
マドックス ジュリアン・ワダム(英語版)
ミュラー少佐 ユルゲン・プロホノフ
ハーディ軍曹 ケヴィン・ウェイトリー(英語版)
ダゴスティーノ ニーノ・カステルヌオーヴォ
フアド ヒシャーム・ロストム(英語版)
オリバー ジョーディ・ジョンソン
メリー トーリ・ヒギンソン
ジャン リーサ・レポ=マーテル(英語版)
ルパート・ダグラス レイモンド・クルサード(英語版)
アイチャ リム・ターキ
ハンプトン夫人 アマンダ・ウォーカー(英語版)


イングリッシュ・ペイシェント:受賞記録】※ウィキペディアより引用
1996年 第50回 英国アカデミー賞 助演女優賞
1996年 第50回 英国アカデミー賞 作品賞
1996年 第50回 英国アカデミー賞 作曲賞
1996年 第69回 アカデミー賞 編集賞
1996年 第69回 アカデミー賞 音響賞(調整)
1996年 第69回 アカデミー賞 助演女優賞
1996年 第69回 アカデミー賞 撮影賞
1996年 第69回 アカデミー賞 作品賞
1996年 第69回 アカデミー賞 監督賞
1996年 第69回 アカデミー賞 衣装デザイン賞
1997年 第10回 ヨーロッパ映画賞 女優賞
1997年 第10回 日刊スポーツ映画大賞 外国作品賞
1997年 第47回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(女優賞)
1997年 第54回 ゴールデングローブ 作品賞(ドラマ)
1997年 第54回 ゴールデングローブ 音楽賞

イングリッシュ・ペイシェント:トレビア】※ウィキペディアより引用
1.原作と監督・脚本‥ブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの小説『イギリス人の患者』を原作として、アンソニー・ミンゲラが監督と脚本を兼任。
2.キャッチコピー‥「あなたに抱かれて、地図のない世界へ」。
3.出演俳優のその後‥
 ①ラズロ・アルマシー役レイフ・ファインズ‥『ハリーポッター』シリーズのウォルデモート役、『007シリーズ』の新M役
 ②ジェフリー・クリフトン役コリン・ファース‥『英国王のスピーチ』の英国王役、『ブリジット・ジョーンズの日記』のマーク・ダーシー役
 ③デヴィッド・カラヴァッジョ役ウィレム・デフォー‥『スパイダーマン』シリーズの悪役ゴブリン
 ④キップ役ナヴィーン・アンドリュース‥海外ドラマ『LOST』のサイード役
 ⑤ミュラー少佐役ユルゲン・プロホノフ‥『ダヴィンチ・コード』のアンドレ・ヴェルネ役


イングリッシュ・ペイシェント:おすすめポイント】
1.ラズロ・アルマシー役レイフ・ファインズとキャサリン・クリフトン役クリスティン・スコット・トーマスの熱愛が凄すぎる!!!
2.めちゃくちゃ綺麗な砂漠のシーン映像が個人的には大好き!!
3.アカデミー俳優だらけの豪華なキャスティング!


イングリッシュ・ペイシェント:名言名セリフ】
1.ラズロ・アルマシー役レイフ・ファインズの名セリフ
 →「なぜ 僕を生かそうとするんだ?」
 →「僕は 僕は君を離さない まだ僕のものだ」
 →「あの指ぬき?」
 →「君を決して離さない」
2.キャサリン・クリフトン役クリスティン・スコット・トーマスの名セリフ
 →「苦しんでいるのは自分だけだと思っているの?」
 →「必ず戻ってくると約束して」
 →「愛しい人」
3.ハナ役ジュリエット・ビノシュの名セリフ
 →「看護婦だからよ」


イングリッシュ・ペイシェントYoutube情報】 






イングリッシュ・ペイシェント:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


イングリッシュ・ペイシェント:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング