名言名セリフ映画レビュー

映画のレビューと名言名セリフを紹介しています!

リンカーン:修正案こそが治療薬だ【洋画名言名セリフ】

映画「リンカーン」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20181031203326p:plain

 

リンカーン (映画) - Wikipedia

リンカーン
Lincoln
Lincoln (film, 2012).png
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 トニー・クシュナー
原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン
リンカン英語版
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
製作総指揮 ジョナサン・キング
ダニエル・ルピ
ジェフ・スコール
出演者 ダニエル・デイ=ルイス
サリー・フィールド
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ジェームズ・スペイダー
ハル・ホルブルック
ジョン・ホークス
ティム・ブレイク・ネルソン
ブルース・マッギル
デヴィッド・ストラザーン
トミー・リー・ジョーンズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 リライアンス・エンターテインメント
パーティシパント・メディア
アンブリン・エンターテインメント
ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
世界の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年11月9日
日本の旗 2013年4月19日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 $275,293,450[1]
日本の旗 10.2億円

 

 

【リンカーン:内容紹介】※Amazonより引用

2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞
スピルバーグ監督が限界に挑んだ感動エンターテイメント!
映画の言葉“今、何をすべきか知るのが最も難しく何よりも重要なことだ"

 

 

【リンカーン:ストーリー】※Amazonより引用

1865年1月、奴隷解放の賛否をめぐり起こった南北戦争は4年目に突入し、多くの若者の命が奪われていた。“すべての人間は自由であるべき"と信じるリンカーン大統領は、自由実現のために憲法修正が必要だと考え、合衆国憲法第13条を議会で可決させるべく、なりふり構わぬ多数派工作を進めるのだった。しかし、長期化する戦争の影響で形勢は極めて不利になるが、リンカーンはあらゆる策を弄して敵対する議員の切り崩しにかかる。そんな中、息子ロバートは父の反対を押し切り軍に志願し北軍に入隊してしまい一人の父親としても大きな試練に直面していくのだった。自分の理想のために失われていく多くの命、人間の尊厳と戦争終結の狭間に立たされたリンカーン。合衆国大統領として、一人の父として、国家の危機を乗り越えることができるのだろうか――

  


【リンカーン:キャスト】※Amazonより引用
エイブラハム・リンカーン…ダニエル・デイ=ルイス(宮本 充)
メアリー・トッド・リンカーン…サリー・フィールド(野沢由香里)
タデウス・スティーブンス…トミー・リー・ジョーンズ(菅生隆之)
ロバート・リンカーン…ジョセフ・ゴードン=レヴィット(内山昂輝)
プレストン・ブレア…ハル・ホルブルック(稲垣隆史)
 

映画レビュー リンカーン:起承転結】※ネタばれ無し
起:不思議な夢を見る
承:奴隷解放宣言のみでは問題があることに気づく
転:決断を下す
結:票がカウントされていく!

 

 

映画レビュー リンカーン個人評価=★★★★★】

★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


【映画レビュー リンカーン:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.リンカーンの生涯のうち4ヶ月に焦点を当てた、スティーヴン・スピルバーグ監督の感動作!!!
2.ダニエル・デイ=ルイス(※)が本当にリンカーンそっくり!!
※2018年現在、アカデミー主演男優賞を3回受賞している唯一の俳優。
3.想像を絶する家族と議会でのいろんな戦いが彼に襲ってくる!


【映画レビュー リンカーン:名言名セリフとその場面】
 ・「修正案こそが治療薬だ」
→大臣だけが集まる個室で、大臣たちに対してリンカーンが発する名言名セリフ。


【リンカーン:Youtube情報】  
 

リンカーン:購入するなら
by カエレバ

 

 

【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング