映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

宇宙戦争:大阪じゃ 何体か倒したそうだ【洋画名セリフ】

映画「宇宙戦争」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20190114145732p:plain

 

 

宇宙戦争 (2005年の映画) - Wikipedia 

宇宙戦争
War of the Worlds
War of the Worlds.jpg
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジョシュ・フリードマン
デヴィッド・コープ
原作 H・G・ウェルズ
製作 キャスリーン・ケネディ
コリン・ウィルソン
製作総指揮 ダミアン・コリアー
ポーラ・ワグナー
出演者 トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ジャスティン・チャットウィン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 パラマウント映画
ドリームワークス
アンブリン・エンターテインメント
クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 2005年6月29日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $132,000,000
興行収入 $591,745,540 世界の旗
$234,280,354 アメリカ合衆国の旗カナダの旗
60億円 日本の旗

 

 

【宇宙戦争:内容紹介】※Wikipediaより引用

『宇宙戦争』(うちゅうせんそう、原題: War of the Worlds)は、2005年のアメリカ映画。H・G・ウェルズによる同名SF小説『宇宙戦争』を原作としたSF映画である。

スティーヴン・スピルバーグ監督作品。トム・クルーズは出演のほか、製作にも参加している。製作費は1億3200万ドル。興行収入は2億3427万ドル。2005年6月29日、日米同時公開。

 

 

 【宇宙戦争:ストーリー】※TSUTAYAより引用

アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。その光景を呆然と見つめていたレイ。町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。

 

 【宇宙戦争:キャスト】※Wikipediaより引用
役名 俳優 日本語吹替
レイ・フェリエ トム・クルーズ 森川智之
レイチェル・フェリエ ダコタ・ファニング 三村ゆうな
ロビー・フェリエ ジャスティン・チャットウィン 野島健児
メリー・アン・フェリエ ミランダ・オットー 本田貴子
ハーラン・オグルビー ティム・ロビンス てらそままさき
ナレーター モーガン・フリーマン 津嘉山正種
 

映画レビュー 宇宙戦争:起承転結
起:トライポッド出現
承:親子三人で逃げる
転:トライポッドに捕獲される
結:脱出そして
 

  

映画レビュー 宇宙戦争個人評価=★★★★★】

①シナリオ=素晴らしい★

②映像技術=素晴らしい★

③俳優・声優=素晴らしい★

④心に残るシーンの有無=有★

⑤また観たいかどうか=また観たい★

★★★★★:今すぐ観るべき映画
★★★★:早めに観るべき映画
★★★:まあ観ても良い映画
★★:観なくても良い映画
★:観てはいけない映画
 

【映画レビュー 宇宙戦争:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.トライポッドが地下から出てきて、レーザで人を殺すシーンは圧巻!!!
2.娘役の名子役:ダコタ・ファニングの演技が素晴らしい!!
3.息子役のジャスティン・チャットウィンはこの映画で注目され、Dragonball Evolution (2009)の主役を務めることになる!
 
 
 

【映画レビュー 宇宙戦争名セリフとそのシーン】
 ・「大阪じゃ 何体か倒したそうだ」
→空き家の地下室で、救急車の運転士が主人公のトム・クルーズに言う名セリフ。


【宇宙戦争:YouTube情報】