映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ピース オブ ケイク:人を好きになるなんて、最悪【邦画名言名セリフ】

映画「ピース オブ ケイク」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20181031201706p:plain



ピース オブ ケイク - Wikipedia

ピース オブ ケイク
監督 田口トモロヲ
脚本 向井康介
原作 ジョージ朝倉
出演者 多部未華子
綾野剛
松坂桃李
音楽 大友良英
主題歌 加藤ミリヤfeat.峯田和伸
「ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう-」
制作会社 C&Iエンタテインメント
製作会社 「ピース オブ ケイク」製作委員会
ハピネット
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2015年9月5日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.11億円

 

 

【ピース オブ ケイク:内容紹介】※Amazonより引用

ジョージ朝倉による伝説的恋愛コミックを超豪華スタッフ&キャストで待望の映画化!
現代女性の切ない恋や仕事における、リアルな心情を描いた、本気の恋がしたくなる“超"共感ラブストーリー!

★03年から08年に『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて連載され、現代女性の切ない恋や仕事における、リアルな心情を描き、
20・30代の女性を中心に熱烈な支持を得た伝説的コミックスが、ファン待望の実写映画化!! 劇場公開中は、
リアルな共感ラブストーリーにはまってしまう女性が急増、リピーターが続出!
★主人公・志乃には多部未華子、志乃の恋人役に綾野剛、他、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸ら
個性豊かな人気俳優陣の競演は必見!
★『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』で絶大な支持を得た田口トモロヲ監督、待望の第3作!
★カリスマ的アーティスト、加藤ミリヤと峯田和伸のコラボレーションが実現! 「あまちゃん」のオープニングテーマで知られる
大友良英作曲による主題歌「ピース オブ ケイク-愛を叫ぼう-」(加藤ミリヤ feat.峯田和伸)は大きな話題を呼んだ!
★劇中舞台「ツチノコの嫁入り」が山本裕典主演で舞台化! 作・演出を「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎が務め、「劇団 めばち娘」
として旗揚げ公演を実施、『ピース オブ ケイク』映画化を盛り上げた!!

 

 

【ピース オブ ケイク:ストーリー】※Amazonより引用

梅宮志乃(多部未華子)、25歳。今まで恋愛も仕事も、流されるまま、なんとなく生きてきた。このままじゃいけない! 心機一転、
引っ越しをしたその夜、隣人の京志郎(綾野剛)に出会った。京志郎の笑顔を見たその瞬間、志乃の心に、風が吹いた―。
親友のオカマの天ちゃん(松坂桃李)とナナコ(木村文乃)はこの恋を応援してくれるが、同棲中の彼女・あかり(光宗薫)がいる
京志郎にはあっさり振られてしまう。でも、志乃の想いはもう止められなくなっていた―。

  


【ピース オブ ケイク:キャスト】※Amazonより引用
多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸
 

映画レビュー ピース オブ ケイク:起承転結】※ネタばれ無し
起:主人公はすぐ枯らしてしまう木をまた買ってしまう
承:主人公に風が吹き、素敵な出会いと生活
転:本が出版され、最悪の事態に
結:何と、想像外のこと(木に関連)が!

 

 

映画レビュー ピース オブ ケイク個人評価=★★★★】

★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


【映画レビュー ピース オブ ケイク:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.多部未華子がとにかく素晴らしい、こんなに演技がうまいと思っていなかった!!!
2.多部未華子と綾野剛の絡みとセリフが絶妙!!
3.松坂桃李のオカマ役も最高!


【映画レビュー ピース オブ ケイク:名言名セリフとその場面】
 ・「人を好きになるなんて、最悪」
→ラストシーンで主人公:多部未華子の独り言の名言名セリフ。


【ピース オブ ケイク:Youtube情報】    


映画『ピース オブ ケイク』予告編

 

ピース オブ ケイク:購入するなら
by カエレバ

 

 

【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング