映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

バットマン ビギンズ:人の本性は行動で決まる【映画名セリフ】

「バットマン ビギンズ」を観ましたので、レビューします!    

f:id:review-movie:20191023193016p:plain

 

バットマン ビギンズ - Wikipedia 

バットマン ビギンズ
Batman Begins
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
デヴィッド・S・ゴイヤー
原作 ボブ・ケイン
ビル・フィンガー
バットマン
製作 ラリー・J・フランコ
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・ウスラン
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
リーアム・ニーソン
ケイティ・ホームズ
ゲイリー・オールドマン
キリアン・マーフィー
トム・ウィルキンソン
ルトガー・ハウアー
渡辺謙
モーガン・フリーマン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
ハンス・ジマー
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 シンコピー・フィルムズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月15日
日本の旗 2005年6月18日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000
興行収入 $372,710,015  世界の旗
$205,343,774 アメリカ合衆国の旗カナダの旗
14億円 日本の旗
次作 ダークナイト

 

 

【バットマン ビギンズ:内容紹介】バットマン ビギンズ - Wikipedia より引用 

『バットマン ビギンズ』(原題:Batman Begins)は、2005年のアメリカ映画。

監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。

DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。リブートされた「ダークナイト・トリロジー」の第1作目。

第78回アカデミー賞撮影賞ノミネート。

 

 

【バットマン ビギンズ:ストーリー】Amazonより引用 

ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)の頭から片時も離れることがないのは、眼前で最愛の両親を射殺された忌まわしい記憶。
ゴッサム・シティーの路上で起きたその事件以来、ブルースの人生は一変したのであった。

のしかかる罪悪感と怒り、日増しに膨れ上がる復讐心、両親が教えてくれた博愛の精神を受け継がなければならないという使命感。
さまざまな思いをかかえた失意の御曹司ブルースは何不自由ない生活を捨て去り、ゴッサム・シティーを離れ、世界中を放浪するようになる。
犯罪者の心理を知るために自ら罪人となったブルースの前にヘンリー・デュカード(リーアム・ニーソン)が現れる。
"影の軍団"を率いるラーズ・アル・グール(渡辺謙)の代理人と称するこの男は、ブルースの秘めたる資質を見出し、"影の軍団"へとスカウトする。
デュカードの指導の下、悪を倒し、恐怖心に打ち勝つ術を見つけるために、心身を極限まで鍛え上げるブルース。
だが、永い修行を終えると同時に"影の軍団"の真の目的を知り、組織を離れることを決意する。

7年ぶりにゴッサム・シティーへと戻ったブルースは、犯罪と不正にまみれた街の現状を目の当たりにする。
ウェイン家が慈善事業の拠点としていたウェイン・エンタープライズですら、会社の利益のみを追求する社長代理リチャード・アール(ルトガー・ハウアー)が牛耳り、ブルースの両親が掲げていた尊い理念は消えていた。
ブルースの幼馴染で今では地方検事のレイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)は、ゴッサム・シティーにのさばる凶悪犯に手を焼いていた。
犯罪組織のトップに君臨するカーマイン・ファルコーネ(トム・ウィルキンソン)らの仕業によって、この街の司法制度は腐敗しきり、法の力は無に近い状態だった。
さらにファルコーネは精神科医ジョナサン・クレイン(キリアン・マーフィー)を懐柔し、係争中もしくは収監中の手下を心神喪失と鑑定させ解放し、一方のクレインもその見返りを受け、自らの野望を達成すべく、着々と準備を進めるのだった。
ブルースは忠実な執事アルフレッド(マイケル・ケイン)、善良な警察官ジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)、科学者ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)らの協力を得て、「もうひとりの自分」を解き放つ。
それは正義を全うすべく揺らぐことのない信念と強靭な肉体を漆黒のスーツに包み、恐怖を敵の心に植えつける闇の騎士“バットマン”だった。

  
 
 【バットマン ビギンズ:キャスト】バットマン ビギンズ - Wikipedia より引用  
役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版 日本テレビ フジテレビ
ブルース・ウェイン / バットマン クリスチャン・ベール 檀臣幸 東地宏樹 高橋広樹
ヘンリー・デュカード / ラーズ・アル・グール リーアム・ニーソン 佐々木勝彦 津嘉山正種 若本規夫
レイチェル・ドーズ ケイティ・ホームズ 小島幸子 高橋理恵子 木下紗華
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン 小川真司 中村正 岩崎ひろし
ジェームズ・“ジム”・ゴードン ゲイリー・オールドマン 納谷六朗 山路和弘 大塚芳忠
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞 阪脩
ジョナサン・クレイン / スケアクロウ キリアン・マーフィー 遊佐浩二 関俊彦 内田夕夜
ラーズ・アル・グール(影武者) 渡辺謙 大川透 緒方文興 てらそままさき
カーマイン・ファルコーニ トム・ウィルキンソン 稲葉実 石田太郎 楠見尚己
リチャード・アール ルトガー・ハウアー 石田太郎 小川真司
アーノルド・フラス刑事 マーク・ブーン・ジュニア 遠藤純一 塩屋浩三 北川勝博
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン 石住昭彦 秋元羊介  
フィンチ検事長 ラリー・ホールデン 松本大 井上倫宏  
フェイデン判事 ジェラルド・マーフィー 牛山茂 梁田清之  
トーマス・ウェイン ライナス・ローチ 斉藤次郎 てらそままさき  
マーサ・ウェイン サラ・スチュワート 西宏子    
ブルース・ウェイン(幼少期) ガス・ルイス 村上想太 矢島晶子 中山依里子
レイチェル・ドーズ(幼少期) エマ・ロックハート 最上莉奈   菊地ゆうみ
ジョー・チル リチャード・ブレイク 小形満 木村雅史  
ジョージ・フレデリックス ジョン・ノーラン 牛山茂 秋元羊介  
ミスター・ザーズ ティモシー・ジョン・ブース
 
 
【映画レビュー 満足度=100点】
100点:公開年TOP映画!!! ※個人年間ベスト作品
90点:超オススメ映画!! ※個人年間ベスト2-10作品
80点:オススメ映画! ※観て欲しい作品
70点:素敵な映画 ※観ても良い作品
60点:残念な映画 ※観なくても良い作品
 
 
 【映画レビュー バットマン ビギンズ:起承転結】
起:井戸
承:独り
転:精神改造
結:バットマンの正体!
 

【映画レビュー バットマン ビギンズ:名セリフとそのシーン】
・「人の本性は行動で決まる」
→主人公:ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)に久しぶりに会った際に、レイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)が言う名セリフ。
→レイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)を助けた時に主人公:バットマン(クリスチャン・ベール)が言う名セリフ。
 

【映画レビュー バットマン ビギンズ:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.バットマンはこの映画から観るのが一番オススメ、映像・アクション・音声・配役・脚本、何もかもが素晴らしい(※2005年のTOP映画です
!!!
→ マイベスト映画@1930年~2019年:1年毎1映画を厳選しました!
2.クリスチャン・ベールがめちゃくちゃカッコイイ!!
3.脇役(リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、 モーガン・フリーマン、渡辺謙)が豪勢すぎる
 
 
【バットマン ビギンズ:Youtube情報】  
 
 
【バットマン ビギンズ:買うならこれがオススメ!】
【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング