映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

アンタッチャブル:飲みにでも行くさ【洋画名セリフ】

「アンタッチャブル」を観ましたので、レビューします!   

f:id:review-movie:20190218115558p:plain

 

 

アンタッチャブル (映画) - Wikipedia       

アンタッチャブル
The Untouchables
The Untouchables Filmlogo.png
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・マメット
原作 オスカー・フレイリー
製作 アート・リンソン
出演者 ケビン・コスナー
チャールズ・マーティン・スミス
アンディ・ガルシア
ロバート・デ・ニーロ
ショーン・コネリー
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 ジェラルド・B・グリーンバーグ
ビル・パンコウ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月5日
日本の旗 1987年10月3日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000 (概算)
興行収入 $76,270,454 アメリカ合衆国の旗カナダの旗
配給収入 18億円 日本の旗

 

 

【アンタッチャブル:内容紹介】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

『アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネス の自伝を基にしている。なお自伝はテレビドラマ化され大ヒットしている。

主人公を助ける老警官役のショーン・コネリーが第60回アカデミー賞助演男優賞、第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。また、日本でも第30回ブルーリボン賞外国作品賞を受賞した。

主役のエリオット・ネス役に抜擢されたケビン・コスナーは、この作品での好演により、ハリウッド・スターの仲間入りを果たした。また、ジョージ・ストーン役のアンディ・ガルシアは、大階段でのアクションで注目を集め、そのキャリアスタートとなった。

 

 

【アンタッチャブル:ストーリー】※Amazonより引用

ブライアン・デ・パルマ監督の“アンタッチャブル"は、批評家と観客の両方が褒めた必見の傑作である。
禁酒法時代のシカゴを支配していたギャングの首領と、その男の逮捕を誓った法の執行人の戦いが、みごとに、そしてすさまじく描かれている。
真正面からぶつかりあう善と悪を演じるのは、財務省特別捜査官エリオット・ネスにケヴィン・コスナー、暗黒街の親玉アル・カポネにロバート・デ・ニーロ。
そして、ショーン・コネリーがマローン役を演じている。
マローンはネスにこう教えた。
“ギャングを倒すには、やつらより速くそして先に銃を撃て"と。

 

 

【アンタッチャブル:キャスト】※Amazonより引用
エリオット・ネス…ケヴィン・コスナー(大塚芳忠)
ジム・マローン…ショーン・コネリー(坂口芳貞)
ジョージ・ストーン…アンディ・ガルシア(山野井仁)
オスカー・ウォーレス…チャールズ・マーティン・スミス(牛山 茂)
アル・カポネ…ロバート・デ・ニーロ(池田 勝)
フランク・ニッティ…ビリー・ドラゴ(中田和弘)
マイク署長…リチャード・ブラッドフォード(藤本 譲)
 

映画レビュー アンタッチャブル:起承転結
起:シカゴにエリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が派遣される
承:初老の警官(ショーン・コネリー)との出会い
転:家族との別れ
結:有罪判決!
 
  

映画レビュー アンタッチャブル個人評価=★★★★★】

→1987年のマイベスト映画です!

マイベスト映画@1930年~2018年:1年毎1映画を厳選しました! - 映画名セリフ人気ランキング

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー アンタッチャブル:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.ケヴィン・コスナーを一躍有名にした最高傑作!!!
2.007のショーン・コネリーやロバート・デ・ニーロが脇役だが超渋く、カッコイイ!!
3.オーシャンズ11・12・13でアンディ・ガルシアも本作品が有名デビュー!
 

【映画レビュー アンタッチャブル名セリフとそのシーン】
 ・「飲みにでも行くさ(I think I'll have a drink.)」
→ラストシーンで記者たちに対して、ケヴィン・コスナーが言う名セリフ。
 
 

アンタッチャブル:購入するなら

【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング