映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ポセイドン:所詮 誰が死に 誰が生きるかは不公平なもんだよ【洋画名セリフ】

「ポセイドン」を観ましたので、レビューします!     

f:id:review-movie:20190511170556p:plain


 

 ポセイドン (映画) - Wikipedia   

ポセイドン
Poseidon
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 マーク・プロトセヴィッチ
原作 ポール・ギャリコ
製作 ウォルフガング・ペーターゼン
マイク・フレイス
アキヴァ・ゴールズマン
ダンカン・ヘンダーソン
製作総指揮 シーラ・アレン
ケヴィン・バーンズ
ジョン・J・ジャシュニ
ベン・ウェイスブレン
出演者 カート・ラッセル
ジョシュ・ルーカス
リチャード・ドレイファス
エミー・ロッサム
ジャシンダ・バレット
マイク・ヴォーゲル
ミア・マエストロ
ジミー・ベネット
アンドレ・ブラウアー
音楽 クラウス・バデルト
撮影 ジョン・シール
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 Virtual Studios
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年5月12日
日本の旗 2006年6月3日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $160,000,000[1] (概算)
興行収入 $60,674,817[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$181,674,817

 

 

【ポセイドン:内容紹介】Amazon より引用 

怒濤のアクションに息つく間もないスペクタクル超大作

大晦日の夜、年越しパーティーに沸くポセイドン号。
そこへ突如、高さ45メートルの巨大な波“ローグ・ウェーブ”が押し寄せ、豪華客船はあえなく転覆……
祝宴は一転、地獄に変わる。ウォルフガング・ペーターゼン監督(『パーフェクト・ストーム』)が、ポール・ギャリコの小説『ポセイドン・アドベンチャー』を、原作のスリルそのままに、最新技術を駆使して映像化。

上下が逆転した船内から、互いに協力しつつ、決死の脱出に挑む乗客(ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサムら)に、水と炎の恐怖が襲いかかる。

 

 

【ポセイドン:ストーリー】ポセイドン (映画) - Wikipediaより引用 

大晦日の夜、豪華客船「ポセイドン号」には、多くの客が乗り、盛大なパーティーが行われていた。しかし、新年を迎えた直後、ポセイドン号は突如現れた異常波浪による巨大な波の直撃を受け転覆、船内はパニック状態になり、4000人の乗客の多くが一瞬にして命を失う。天地逆転したボール・ルームに残るわずか数百名の生存者たち。

ブラッドフォード船長は、救助が来るまでこの場に止まるよう全員に命じる。しかし、プロのギャンブラー、ディランは留まっていては助からないと自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。一方、元消防士で前NY市長のロバートも、ディスコにいる娘ジェニファーを捜すため、ディランに協力し合おうと持ち掛ける。

さらに、シングルマザーのマギー、彼女の息子のコナー、自殺志願の老人ネルソン、ロバートに雇われたウェイターのマルコも彼らに付いていくことにした。今、生き残りをかけた彼らの、引き返すことの出来ない極限の脱出劇が始まった……。

 

 

【ポセイドン:キャスト】ポセイドン (映画) - Wikipedia より引用  

※括弧内は日本語吹き替え

 

 

映画レビュー ポセイドン:起承転結

起:大波@大晦日

承:8人が脱出

転:いくつかの死

結:結末!

 

  

映画レビュー ポセイドン個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

 ★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー ポセイドン:おすすめポイント(個人評価理由)】

1.タイタニックは2人物語だけど、この映画は8人の脱出劇、観るっきゃない!!!

2.誰が死んで、最後は誰が生き残るのかが、めちゃゾクゾクする!!

3.想像を超える映像美、全てが凄すぎる!

 

【映画レビュー ポセイドン名セリフとそのシーン】
 ・「所詮 誰が死に 誰が生きるかは不公平なもんだよ」
→行き止まりのところで、ロバート・ラムジー(カート・ラッセル)が娘の婚約者:クリスチャン(マイク・ヴォーゲル)に言う名セリフ。
 

【ポセイドン:Youtube情報】       


ポセイドン(字幕版) (プレビュー)

 
 
【ポセイドン:買うなら】