映画名言名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名言名セリフとそのシーン)と映画名言名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ふきげんな過去:生き返ったらブタ箱行きだもん【映画名セリフ】

「ふきげんな過去」を観ましたので、レビューします!       

f:id:review-movie:20200216185244p:plain

 

 

ふきげんな過去
監督 前田司郎
脚本 前田司郎
製作 森山敦西ヶ谷寿一
出演者 小泉今日子
二階堂ふみ
高良健吾
梅沢昌代
板尾創路
音楽 岡田徹
主題歌 佐藤奈々子「花の夜」
撮影 佐々木靖之
編集 佐藤崇
制作会社 東京テアトル
配給 東京テアトル
公開 2016年6月25日
上映時間 2時間
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4000万円[1]
 
 
【ふきげんな過去:内容紹介】ふきげんな過去 - Wikipediaより引用  

ふきげんな過去』(ふきげんなかこ)は、2016年6月25日公開された日本の映画。主演は小泉今日子二階堂ふみ[2]。監督・脚本は前田司郎で本作が監督第2作のオリジナルストーリーである[3]。 英題:Kako: My Sullen Past

第19回上海国際映画祭パノラマ部門出品作品[4]


 

 

【ふきげんな過去:ストーリー】Amazonより引用

北品川の食堂「蓮月庵」で暮らす果子は、死ぬほど退屈でつまらない毎日を過ごしていた。そんなある日、果子たち家族の前に、突如18年前に死んだはずの伯母・未来子が現れた。戸籍も消滅している前科持ちの未来子は、自分が果子の本当の母親だというが…。小泉今日子、二階堂ふみW主演で贈る、可笑しくも切ないひと夏の物語。

   

 
 【ふきげんな過去:キャスト】ふきげんな過去 - Wikipediaより引用  
未来子
演 - 小泉今日子[3]
果子の伯母。
18年前に死んだと思われていたが突然、果子たちの前に姿を現し果子の実母であることを告白する。
果子
演 - 二階堂ふみ[3]
未来子とタイチの娘として生まれるがサトエとタイチの娘として育てられる。
本人は薄々気づいていた様子。
北品川の食堂に暮らす高校生でなぜか、いつも不機嫌。
康則
演 - 高良健吾[5]
謎の男。
タイチ
演 - 板尾創路[5]
果子の父親。
カナ
演 - 山田望叶[5][6]
小学生のいとこ。
レイ
演 - 黒川芽以
カナの母親
サトエ
演 - 兵藤公美[7]
タイチの妻で未来子の妹。未来子が現れるまでは果子には母として接する。
サチ
演 - 梅沢昌代
エジプト風豆料理店「蓮月庵」の店主。果子の祖母。
ヒサシ
演 - 山田裕貴[8]
バンドマン。
蓮月庵の前店主(故人)
演 - 大竹まこと(写真のみ)[9]
蓮月庵の常連客
演 - 斉木しげる[9]
近所の店の店主
演 - きたろう[9]
果子の同級生
演 - 相楽樹
 
 
ふきげんな過去 ふきげんな過去 (2016)

【監督】前田司郎
【出演】小泉今日子 / 二階堂ふみ / 高良健吾 / 黒川芽以 / 梅沢昌代 / 板尾創路 / 山田望叶 / 兵藤公美 / 山田裕貴 / 児玉貴志 / AHMAD ALI / 墨井鯨子 / 相楽樹 / 桜井ユキ / 黒田大輔 / 大竹まこと / きたろう / 斉木しげる
★★★☆ [70点]「ふきげんな過去:生き返ったらブタ箱行きだもん【映画名セリフ】」
Posted by 【喜伝会】会長 on 2020/02/16 with ぴあ映画生活
 
 
【映画レビュー 満足度=70点】
100点:公開年TOP映画!!! ※個人年間ベスト作品
90点:超オススメ映画!! ※個人年間ベスト2-10作品
80点:オススメ映画! ※観て欲しい作品
70点:素敵な映画 ※観ても良い作品
60点:残念な映画 ※観なくても良い作品
 
 
【映画レビュー ふきげんな過去:起承転結】
起:つまならない日常
承:死んだはずの人
転:衝撃の事実
結:過去と果子!
 

【映画レビュー ふきげんな過去:名セリフとそのシーン】
・「生き返ったらブタ箱行きだもん」
→家族と再会した際に、小泉今日子が言う名セリフ
 

【映画レビュー ふきげんな過去:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.小泉今日子に映画で会えるのはメチャクチャ嬉しい
!!!
2.二階堂ふみのキャラがとても良いなあ!
3.脚本が???、よくわからない!
 
 
 
【ふきげんな過去:買うならこれがオススメ!】
 
 
【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング