映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

わるいやつら:あたし、いつだってあんたを殺せるわ【邦画名セリフ】

「わるいやつら」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20190310200030p:plain


 

わるいやつら - Wikipedia 

わるいやつら
Bad Sorts
監督 野村芳太郎
脚本 井手雅人
製作 野村芳太郎
野村芳樹
出演者 松坂慶子
音楽 芥川也寸志
山室紘一
撮影 川又昴
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1980年6月28日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億3500万円[6]

 

 

【わるいやつら:内容紹介】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

*11980年6月28日に松竹系にて公開された。松竹・霧プロダクション第1回提携作品[7]。英語題名『Bad Sorts』。上映時間は129分。槙村隆子のその後に関して、原作にないエピソードがラストに追加されている。現在はDVD化されている。

 

 

【わるいやつら:ストーリー】※Amazonより引用

世間知らずのプレイボーイである総合病院の院長・戸谷は、資産のある女に近づいては金をまきあげ、病院の赤字を埋めていた。妻との離婚交渉を進め、美貌のデザイナー・隆子との結婚を望んでいた。しかし、彼女を手に入れるために数々の悪事を犯していく。そして5人の悪女たちの暗躍により、自らも落とし穴へはまっていく。 現代の様々な悪女の実態を鋭く描いたミステリードラマ。

 

 

【わるいやつら:キャスト】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用
 

映画レビュー わるいやつら:起承転結
起:赤字経営
承:愛人から赤字の補填
転:デザイナー:松坂慶子との出会い
結:破滅!
 
  

映画レビュー わるいやつら個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー わるいやつら:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.松坂慶子がとにかく若くて美しく、片岡孝夫がめちゃキザカッコいい!!!
2.昔のDISCOやラブホテルの映像がなぜか非常にシュールな感じで良いなあ!!
→製作発表は1980年5月8日、六本木のディスコ「GIZA(ギゼ)」(現存しない。日本初の「お立ち台」と「すしバー」が設置されたとする説がある)で行われたが、写真家の大竹省二や紀伊國屋書店社長の田辺茂一、デザイナーの石津謙介をメンバーに、「わるいやつらの会」を発足させるという変わった趣向のものであった。
3.日活ロマンポルノで鳴らした宮下順子の濡れ場はプロポーションが良くて圧巻!  
 
 

【映画レビュー わるいやつら名セリフとそのシーン】
 ・「あたし、いつだってあんたを殺せるわ」
→婦長:宮下順子が箱根のホテルで主人公:片岡孝夫に言う名セリフ。
 

【わるいやつら:Youtube情報】 


わるいやつら(予告)

 

*1:悪女たちは男をとりこに何を企む! ? “男は女のアクセサリー! ?"これは魅力的な凄い女たちの物語です。