映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

ラスト・ボーイスカウト:ファック・ユー サラ!【洋画名言名セリフ】

映画「ラスト・ボーイスカウト」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20181110151633p:plain

 

 

ラスト・ボーイスカウト - Wikipedia

ラスト・ボーイスカウト
The Last Boy Scout
監督 トニー・スコット
脚本 シェーン・ブラック
製作 ジョエル・シルバー
マイケル・レヴィー
製作総指揮 シェーン・ブラック
出演者 ブルース・ウィリス
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ウォード・ラッセル
編集 スチュアート・ベアード
マーク・ヘルフリッチ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年12月13日
日本の旗 1991年12月21日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $59,509,925

 

 

【ラスト・ボーイスカウト:内容紹介】※ウィキペディアより引用

『ラスト・ボーイスカウト』(The Last Boy Scout)は、1991年のアメリカ合衆国のアクション映画。トニー・スコット監督、ブルース・ウィリス主演。

タイトルのボーイスカウトは、“正義漢”といった意味で用いられている。

現在では「ビリーズブートキャンプ」の「ビリー隊長」として親しまれているビリー・ブランクスが出演している。

 

 

【ラスト・ボーイスカウト:ストーリー】※ウィキペディアより引用

ジョー・ハレンベック(ブルース・ウィリス)は、過去にカーター大統領の命を救ったことのある腕利きのシークレットサービスだったが、強姦していたベイナード議員に暴行して解雇され、今ではしがない私立探偵に落ちぶれ、負け犬人生を送っていた。一方、元プロフットボール選手のジミー・アレクサンダー・ディックス(デイモン・ウェイアンズ)は賭博でフットボール界を追い出され、妻も子も亡くして麻薬に溺れながら無為な負け犬人生を送っていた。

ある日、ジョーは友人からダンサーのコリー(ハル・ベリー)の身辺警護を頼まれる。しかし、ジョーは何者かに襲撃されたため、待ち合わせ場所でコリーと入れ違いになり、襲撃者達の手から逃れてきたジョーが彼女の元へ駆けつけた頃には既に殺されていた。ジョーは、コリーの恋人であるジミーと共に捜査に乗り出すことに。

すると、プロフットボール界の裏に潜む巨大な組織の影が次第に明らかに…。共通の敵を得た二匹の負け犬が今、それぞれの戦いを始める。

 

  


【ラスト・ボーイスカウト:キャスト】※ウィキペディアより引用
ジョー・ハレンベック/ ブルース・ウィリス 
ジミー・アレクサンダー・ディックス/ デイモン・ウェイアンズ 
サラ・ハレンベック/ チェルシー・フィールド 
ダリアン・ハレンベック/ ダニエル・ハリス 
シェリー・マーコン/ ノーブル・ウィリンガム 
マイロ/ テイラー・ネグロン 
コリー/ ハル・ベリー 
マイク・マシューズ/ ブルース・マッギル 
カルヴィン・ベイナード議員/ チェルシー・ロス 
ベッサロ刑事/ ジョー・サントス 
マッカスキー刑事/ クラレンス・フェルダー 
パブロ/ フランク・コリソン
 

映画レビュー ラスト・ボーイスカウト:起承転結
起:二人が出会う
承:二人がチームに
転:二人が危機に
結:救世主現れ、ハッピーエンド!

 

 

映画レビュー ラスト・ボーイスカウト個人評価=★★★】

★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


【映画レビュー ラスト・ボーイスカウト:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.若い頃のブルース・ウィリスを観たい方は必見!!!
2.ブルース・ウィリスとデイモン・ウェイアンズの絡みとセリフはとても楽しい!!
3.最初から最後までに何気に一気に観れるところが、さすがトニー・スコット監督!


【映画レビュー ラスト・ボーイスカウト:名言名セリフとその場面】
 ・「ファック・ユー サラ!」
→ラストシーンで、ブルース・ウィリスが妻に言う名言名セリフ。


【ラスト・ボーイスカウト:Youtube情報】  
 

ラスト・ボーイスカウト:購入するなら
by カエレバ

 

 

【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング