映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

エンジェル ウォーズ:私は負けない 絶対【洋画名セリフ】

「エンジェル ウォーズ」を観ましたので、レビューします!     

f:id:review-movie:20190429210410p:plain

 

 

 エンジェル ウォーズ - Wikipedia   

エンジェル ウォーズ
Sucker Punch
Sucker Punch.jpg
監督 ザック・スナイダー
脚本 ザック・スナイダー
スティーヴ・シブヤ
原案 ザック・スナイダー
製作 ザック・スナイダー
デボラ・スナイダー
製作総指揮 ウェスリー・カラー
クリストファー・デファリア
ジョン・ジャシュニ
トーマス・タル
出演者 エミリー・ブラウニング
アビー・コーニッシュ
ジェナ・マローン
ヴァネッサ・ハジェンズ
ジェイミー・チャン
カーラ・グギノ
音楽 タイラー・ベイツ
マリウス・デ・ヴリース
撮影 ラリー・フォン
編集 ウィリアム・ホイ
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年3月25日
日本の旗 2011年4月15日
上映時間 110分(劇場公開版)
128分(エクステンデッド版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $82,000,000[1]
興行収入 $89,792,502[1]
2億9400万円[2] 日本の旗

 

 

エンジェル ウォーズ:内容紹介】※Amazonより引用 

『300』のザック・スナイダー監督が放つ、驚愕の異次元バトル・アクション!
目を閉じて、心を開け ―― その世界は、想像すらできない。

始まる ―― 新時代のバトル。

<どこで?WHERE?>
――空想世界。
現実世界のルールなどすべて無視した、何が起こるか予測不可能な世界。

<だれが?WHO?>
――強く美しい5人の少女たち。
愛する者を奪われ、施設に監禁された少女と、そこで出逢った個性豊かな仲間たち。

<なんのために?WHY?>
――つらい現実から逃れ、自らの手で、自由をつかみ取るために。

果たして少女たちは、空想世界を制し、運命を変えることができるのか――?

 

 

【エンジェル ウォーズ:ストーリー】Wikipedia より引用

1950年代。主人公の少女・ベイビードールは、継父の計略でレノックス精神病院に閉じ込められ、5日後にロボトミーを受けることになってしまう。同じ精神病患者の仲間とともにファンタジーの世界へと飛び込み、人格破壊の危機を回避するための5つのアイテムを集める。

 

 

【エンジェル ウォーズ:キャスト】Wikipedia より引用 
 
 
映画レビュー エンジェル ウォーズ:起承転結
起:レノックス精神病院
承:4人との出会い
転:4つ目のアイテム
結:最後のアイテム!
 
  

映画レビュー エンジェル ウォーズ個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー エンジェル ウォーズ:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.主人公:ベイビードール(エミリー・ブラウニング)がめちゃくちゃセクシーで強すぎ!!!
2.主人公が踊り始め目を閉じると、バトルシーンに変わるのが斬新!!
3.可愛い戦士5人のバトルシーンは必見!  
 

【映画レビュー エンジェル ウォーズ名セリフとそのシーン】
 ・「私は負けない 絶対」
→4つ目のキーワードを入手する時に主人公が言う名セリフ。
 

【エンジェル ウォーズ:Youtube情報】 
 
【エンジェル ウォーズ:購入するなら】