映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:人生において最高の出来事はいつも突然やってくる【洋画名セリフ】

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」を観ましたので、レビューします!      

f:id:review-movie:20190413154241p:plain

 

 

 マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー - Wikipedia  

マンマ・ミーア!
ヒア・ウィー・ゴー
Mamma Mia! Here We Go Again
監督 オル・パーカー英語版
原案 キャサリン・ジョンソン英語版
リチャード・カーティス
オル・パーカー
原作 キャサリン・ジョンソン
マンマ・ミーア!
製作 ジュディ・クレイマー英語版
ゲイリー・ゴーツマン
出演者 クリスティーン・バランスキー
ピアース・ブロスナン
ドミニク・クーパー
コリン・ファース
アンディ・ガルシア
リリー・ジェームズ
アマンダ・サイフリッド
ステラン・スカルスガルド
ジュリー・ウォルターズ
シェール
メリル・ストリープ
音楽 アン・ダドリー英語版
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ピーター・ランバート
製作会社 プレイトーン英語版
リトルスター・プロダクションズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月20日
日本の旗 2018年8月24日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 マンマ・ミーア!

 

 

【マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:内容紹介】※Amazonより引用

すべての人を笑顔にする、最高にハッピーなミュージカル!

大ヒット ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』、待望の続編!

2008年、当時のミュージカル映画史上世界No.1の興収記録を塗りかえた『マンマ・ミーア!』。
すべての人を笑顔にした母ドナと娘ソフィが、さらに多くの人々を幸せにするために帰ってきた!
新たな物語で描かれるのは、ドナと3人のパパとの間に、本当は何があったのかという過去と、ソフィが母になるまでの未来。
前作の“それ以前"と“その後"がひとつになったドラマティックな展開で、母から娘、そのまた娘へと受け継がれる愛と絆を描き、あらゆる世代を感動で包み込む。
トム・ハンクスが前作に続き製作総指揮に名を連ね、『ラブ・アクチュアリー』の脚本や『アバウト・タイム 愛おしい時間について』の監督・脚本リチャード・カーティスが、本作のストーリー原案に携わった。
監督は『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のオル・パーカー。
数々の名作を手がけた映画人が多数揃い、大ヒット作の続編に相応しい感動作を生み出した!


豪華キャスト全員が歌って踊る素晴らしいアンサンブル!

10年の時を経て、ハリウッドでますます大きな存在となったオリジナルキャストが全員集合!
そして今回、若き日のドナを演じる新キャストは、『シンデレラ』『ベイビードライバー』『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』と活躍目覚ましい若手女優のホープ、リリー・ジェームズ。
メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、コリン・ファース、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、そして、新たに加わったアンディ・ガルシアにシェールまで、全員が歌って踊る豪華過ぎるアンサンブル!

 

 

【マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:ストーリー】※Amazonより引用

どこまでも青く輝くエーゲ海に浮かぶカロカイリ島。
母のドナとの夢だったホテルをついに完成させたソフィは、オープニングパーティの準備に駆け回っていた。
人生で最高の日を迎えたはずのソフィだが、その心は揺れていた。
ニューヨークでホテルビジネスを学んでいた夫のスカイが、そこで働かないかと誘われたのだ。
ニューヨークでの生活に魅力を感じるスカイと、母の夢にこだわるソフィとの間に、かつてない危機が訪れていた。
そんななか、ソフィの妊娠が発覚! ソフィは思わず、若き日の母と自分を重ねる。
かくして、ソフィはパーティを成功させることが出来るのか? スカイとの愛の行方は?
そして、ソフィに宿ったかけがえのない命は--?

 

 

【マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:キャスト】※Amazonより引用   
 ソフィ:アマンダ・セイフライド(『マンマ・ミーア!』『レ・ミゼラブル』『テッド2』『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』)
サム:ピアース・ブロスナン(『マンマ・ミーア!』『007』シリーズ、『トーマス・クラウン・アフェアー』『スパイ・レジェンド』)
ハリー:コリン・ファース(『マンマ・ミーア!』『キングスマン』シリーズ、『ラブ・アクチュアリー』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ)
ビル:ステラン・スカルスガルド(『マンマ・ミーア!』『アベンジャーズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』)
セニョール・シエンフエゴス:アンディ・ガルシア(『ゴッドファーザー PART III』『オーシャンズ』シリーズ、『ブラック・レイン』)
ルビー:シェール(『月の輝く夜に』『バーレスク』『イーストウィックの魔女たち』『マスク』)
スカイ:ドミニク・クーパー(『マンマ・ミーア!』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』『ウォークラフト』)
ターニャ:クリスティーン・バランスキー(『マンマ・ミーア!』『『シカゴ』「グッド・ファイト 華麗なる逆転」「グッド・ワイフ 彼女の評決」)
ロージー:ジュリー・ウォルターズ(『ハリー・ポッター』シリーズ、『リトル・ダンサー』『パディントン』シリーズ)
若きドナ:リリー・ジェームズ( 『ベイビー・ドライバー』『シンデレラ』『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』「ダウントン・アビー」)
ドナ:メリル・ストリープ(『マンマ・ミーア!』『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』『ディア・ハンター』『ソフィーの選択』)
 
 
映画レビュー マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:起承転結
起:リニューアルオープン記念パーティーの準備
承:夫のスカイとの距離
転:突然の嵐
結:洗礼式!
 
  

映画レビュー マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.主人公のアマンダ・セイフライドがとにかく素敵で最高!!!
2.主人公と破局したドミニク・クーパーが旦那役で再演しているのが良いなあ!!
3.3人の父役含め、豪華キャストが素晴らしい!  
 

【映画レビュー マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー名セリフとそのシーン】
 ・「人生において最高の出来事はいつも突然やってくる」
→総代のスピーチの際に、主人公のアマンダ・セイフライドが言う名セリフ。
 

【マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー:Youtube情報】