映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

去年の冬、きみと別れ:僕は化け物になることに決めた【邦画名言名セリフ】

映画「去年の冬、きみと別れ」を観ましたので、レビューします!

 

f:id:review-movie:20181124101546p:plain

 

 

去年の冬、きみと別れ - Wikipedia

去年の冬、きみと別れ
監督 瀧本智行
脚本 大石哲也
原作 中村文則『去年の冬、きみと別れ』
製作 久保田修
製作総指揮 高橋雅美
濱名一哉
出演者 岩田剛典
山本美月
斎藤工
浅見れいな
土村芳
北村一輝
音楽 上野耕路
主題歌 m-flo「never」
撮影 河津太郎
編集 高橋信之
制作会社 C&Iエンタテインメント
製作会社 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗2018年3月10日
香港の旗2018年6月27日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語

 

【去年の冬、きみと別れ:内容紹介】※Amazonより引用

復讐は、本当に悪なのか。
衝撃の結末が待ち受ける、予測不能のサスペンス・エンターテイメント!

観る者全てが罠にハマり、その結末に涙する。

 

 

【去年の冬、きみと別れ:ストーリー】※Amazonより引用

最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲(岩田剛典)が狙う大物は、一年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件 の
容疑者=天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。
真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は婚約者=百合子(山本美月)にまで及んでしまう。
愛する人を この手に取り戻すため、木原坂の罠にハマっていく耶雲の運命は――?

 

  

【去年の冬、きみと別れ:キャスト】※Amazonより引用
耶雲恭介 / 岩田剛典
松田百合子 / 山本美月
木原坂雄大 / 斎藤 工
木原坂朱里 / 浅見れいな
吉岡亜希子 / 土村 芳
小林良樹 / 北村一輝
 

映画レビュー 去年の冬、きみと別れ:起承転結
起:ある姉弟の過去がわかる
承:弟の悪い癖が出る
転:想定外の人間の関与が判明
結:最後の結末はいかに!

 

 

映画レビュー 去年の冬、きみと別れ個人評価=★★★★★】

★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


【映画レビュー 去年の冬、きみと別れ:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.岩田剛典のシリアス顔もイケメン顔も、さらに演技も最高!!!
2.個性派キャスト(山本美月、斎藤 工、浅見れいな、土村 芳、北村一輝)がとてもいいなあ!!
3.最後の最後まで騙される、最高の脚本!


【映画レビュー 去年の冬、きみと別れ:名言名セリフとその場面】
 ・「僕は化け物になることに決めた」
→ラストシーンで岩田剛典が呟く名言名セリフ。


【去年の冬、きみと別れ:Youtube情報】  
 

去年の冬、きみと別れ:購入するなら
by カエレバ

 

 

【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング