映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

ゴースト・プロトコル:妻の命を守るのは君ではなく【洋画名言名セリフ】

映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916171713p:plain




 
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:ウィキペディア情報 

ミッション:インポッシブル/
ゴースト・プロトコル
Mission: Impossible – Ghost Protocol
2011-12-14-missionimpossible.jpg
監督 ブラッド・バード[1]
脚本 アンドレ・ネメック[2]
ジョシュ・アッペルバウム[2]
原作 ブルース・ゲラー
製作 トム・クルーズ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮 ジェフリー・チャーノフ
デヴィッド・エリソン
ポール・シュウェイク
デイナ・ゴールドバーグ
出演者 トム・クルーズ
ポーラ・パットン
サイモン・ペグ
ジェレミー・レナー
ジョシュ・ホロウェイ
アニル・カプール
音楽 マイケル・ジアッキーノ
ラロ・シフリン(テーマ曲)
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ポール・ハーシュ
製作会社 TCプロダクションズ
バッド・ロボット・プロダクションズ
スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年12月16日(IMAX)[3]
日本の旗 2011年12月16日[4]
アメリカ合衆国の旗 2011年12月21日(拡大)
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $145,000,000[5]
興行収入 $694,713,380 世界の旗[5]
$209,397,903 アメリカ合衆国の旗[5]
53.8億円 日本の旗[6]
前作 M:i:III
次作 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション



ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:ストーリー】※ウィキペディアより引用

IMFエージェントのトレヴァー・ハナウェイはブダペスト(ハンガリー)で、「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪う任務に就いていた。簡単な任務のはずだったが、同ファイルを狙う別組織が乱入したため追跡・銃撃戦となる。やがて、ハナウェイは女殺し屋のサビーヌ・モローによって殺され、ファイルも横取りされてしまう。

 

その後、ハナウェイのチームリーダーのジェーン・カーターと、新たに現場エージェントに昇格したベンジー・ダンが、モスクワの刑務所に収監されていたイーサン・ハントを脱出させようと図る。事前にカーターとダンの知らない人物である、イーサンと親しい情報屋であるボグダンを脱出させるという、イーサンからの注文に戸惑いながらも脱出作戦は成功し、カーターは最後の締めとして、脱出路を塞いで刑務所の看守が追ってくるのを防ぐべく、仕掛けられた爆弾の導火線に火を付ける。

 

移動中に車中でボグダンを麻酔弾で撃って眠らせ、別の車に引き渡した直後、自身とカーターとダンからなる新たなチームのリーダーとなったイーサンはIMFの指令を受けるべく、街中の古びた公衆電話に向かう。だが、車で待機していたカーターはダンに対し、何故イーサンが刑務所の囚人になっていたのか疑問を口にする。するとダンは衝撃的な話を始める。かつてイーサンは私生活においてジュリアと結婚し、幸せに暮らしていたが、クロアチアにおいてイーサンを狙ったセルビア人組織によってジュリアを失い、その復讐としてセルビア人組織を襲撃した結果、ロシア当局に殺人犯として逮捕された。そしてこれは、IMFの任務ではない私的な殺人行為であったために、今までずっとIMFの誰からも助けられることなく、刑務所に入れられていたのであった。

 

IMFの指令によって、現時点での未確定情報ではロシア軍の将校であるというコバルトの正体を探るため、ダンとカーターを率いてクレムリンへの侵入を計画する。ロシア軍の軍人に成りすましたイーサンとダンは侵入には成功したが、途中でIMFと同じ周波数の無線通信を、それも意図的に第三者に傍受されるのを防ぐ措置をしていない状態で使うコバルトの組織に先手を打たれて、自分達同様にロシア側の警備陣も英語で交わされる通信のやりとりに気付き、厳戒態勢を固める。イーサンはダンと別ルートで脱出を図るが、コバルトが自らの痕跡を消すために仕掛けた爆弾による爆破テロに巻き込まれ、イーサンは気を失う。

 

病院で目覚めたイーサンは、ロシア諜報員のアナトリー・シディロフに、リバーシブル式の偽のロシア軍の制服という所持品と、先に傍受された無線を理由に爆破テロの首謀者だと決め付けられる。イーサンはシディロフの隙を突いてその場から逃亡し、IMFに救助を求める。

 

イーサンを車で迎えに来たのは、何とIMF長官だった。長官によると、ロシア政府は市民のパニックを抑えるべく爆破テロを表向きは老朽化したガス管が原因の大規模な爆発事故と発表する一方で、実際にはアメリカ合衆国による卑劣な破壊工作だと信じ込んでいるという。しかも、合衆国大統領は関与を否定するために「ゴースト・プロトコル」を発動させていた。つまりIMFは組織的活動を一切停止させられ、イーサンのチームはテロリストとして追われる身となってしまったのである。

 

IMF長官はクレムリンでの出来事をイーサンに聞くが、そこでイーサンは現場ですれ違った一人の男が怪しいと考え、その似顔絵を描く。長官に同行していた分析官のウィリアム・ブラントはすぐにそれが「カート・ヘンドリクス」であると答え、彼こそがコバルトの正体だと判断する。同時にイーサンはヘンドリクスがロシア軍の核兵器発射制御装置を盗んだ可能性を考え、これを元に核攻撃を企むと思われるヘンドリクスの追跡任務続行のためにイーサンを逃がそうとする。ところがその直後、彼らが乗る車をシディロフ率いる部隊の面々が早まって銃撃し、シディロフが銃撃を止めさせるも時すでに遅く、長官は車の運転手共々銃弾を受けて死亡してしまい、コントロールを失った車も川に落ちてしまう。イーサンは生き残ったブラントと共にシディロフ率いる部隊を出し抜く形で車から脱出し、カーターとダンと合流する。

 

クレムリンを爆破した真犯人にしてコバルトの正体はカート・ヘンドリクスというスウェーデン人の核兵器戦略家で、元スウェーデン特殊部隊・元ストックホルム大学教授で、人類の次の進化のためには核兵器による浄化が必要であると信じており、核兵器発射制御装置を盗むためにクレムリンに潜入し、その盗難を隠蔽するためにクレムリンそのものを爆破したのだった。

 

そして、モローがハナウェイから奪ったファイルには、ヘンドリクスの装置を起動するための暗号が記されているのだった。イーサンたちは、モローとヘンドリクスの部下が取引する手筈になっているブルジュ・ハリーファ・ビル(ドバイ)に先行し、仕掛けを施す。2つの異なる階で、ジェーンがモローに成りすまし、イーサンとブラントがヘンドリクスの部下に成りすますことにより、お互いに取引が成立したと思わせ、ヘンドリクスに偽暗号をつかませるという作戦である。

 

変装のためモローとヘンドリクスの部下の写真を取り込んだ特殊な機械でマスクを制作し、服装も入手するなど準備は万全であったが、ブルジュ・ハリーファは最新鋭のセキュリティで守られておりファイアウォールをハッキングする時間がないことが発覚。セキュリティを破らなければエレベーターも監視カメラも誤魔化せず作戦を始めることすらできないため、イーサンは130階にあるサーバールームへ外から侵入することになってしまう。

 

「ゴースト・プロトコル」の発令により満足に整うことのない装備、常にイーサンたちの先手を行き核ミサイルの発射に近付くヘンドリクス、イーサンを執拗に追い回すシディロフ。世界を守るため、チームは今までよりも過酷で危険なミッションに臨む。



【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:キャスト】※ウィキペディアより引用

※括弧内は日本語吹き替え

イーサン・ハント(英語版) - トム・クルーズ(森川智之)
ジェーン・カーター - ポーラ・パットン(東條加那子)
ベンジー・ダン - サイモン・ペグ(根本泰彦)
ウィリアム・ブラント - ジェレミー・レナー(花輪英司)
カート・ヘンドリクス - ミカエル・ニクヴィスト(仲野裕)
アナトリー・シディロフ - ウラジミール・マシコフ(水内清光)
ウィストロム - サムリ・エーデルマン(宮内敦士)
レオニド・ライセンカー - イワン・シュヴェドフ(大滝寛)
ブリッジ・ナス - アニル・カプール(天田益男)
サビーヌ・モロー - レア・セドゥ(行成とあ)
トレヴァー・ハナウェイ - ジョシュ・ホロウェイ(成田剣)
ボグダン - ミラジ・グルビッチ(遠藤純一)
ザ・フォッグ - イリア・ヴォロック(駒谷昌男)
指令の声 - (梅津秀行)
ノンクレジット
IMF長官 - トム・ウィルキンソン(小島敏彦)
ルーサー・スティッケル(英語版) - ヴィング・レイムス(手塚秀彰)
ジュリア・ミード - ミシェル・モナハン(岡寛恵)


【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:トリビア※ウィキペディアより引用
1.ゴースト・プロトコル‥元のTVシリーズであるスパイ大作戦でお馴染みの「例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、或いは殺されても当局は一切関知しないから、そのつもりで。」にある通り、アメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する、つまりIMFの組織そのものが存在しない物(比喩的に幽霊(ゴースト))だとして扱うという「取り決め(プロトコル)」を指す。対して、CIAによる正式な諜報活動によって外国政府に拘束された諜報員は、合衆国政府がその引渡しの取引を外交ルートで行う事になる。
2.映画題名‥元々は『Mission: Impossible 4』の題で製作が発表され、製作初期段階では「Aries」というコードネームが付けられていた。当初、本作は「ミッション:インポッシブル」の名前すら冠しないとさえ言われていたが、最終的にこのタイトルに決まった。プロデューサーを兼任したクルーズは、「このシリーズは、数字の付かないタイトルがいいと思っていたんです」と語っている。
3.IMAXカメラ‥映画全体の内30分ぶんはIMAXカメラを使って撮られた。
4.撮影場所‥ドバイ、プラハ、モスクワ、ムンバイ、バンガロール、バンクーバーで行われた
5.スタント無し‥イーサン・ハントがブルジュ・ハリーファの外をよじ登る場面はスタント・ダブルを使わず、トム・クルーズが自ら行った。
6.BMW‥メイン・オートモーティブ・パートナーであり、劇中のイーサン・ハントが運転する車3台は全てBMWである。また、BMWの新型である6シリーズやi8などが登場している。
7.テーマ‥トム・クルーズは本作のテーマは「チームワーク」だと語っており、その点では3作目と類似する点が多い。ブラッド・バードのCGアニメーション監督の経験からか、過去3作と比べてCGが多用されている。
8.ギミック‥高性能スマートフォン、CG背景偽造装置、カメラ機能付きコンタクトレンズ、壁面吸着グローブなど、007シリーズを彷彿とさせるような様々なギミックが登場した。



【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:おすすめポイント】
1.シリーズ最大のヒット!!!
2.4人のチームワークが最高!!
3.イーサン・ハント役トム・クルーズとウィリアム・ブラント役ジェレミー・レナーとの二人だけの会話からラストシーンまでが大好きだなぁ!


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:名言名セリフ】
1.イーサン・ハント役トム・クルーズの名言名セリフ
 →「お前は何者だ」
 →「秒読みは余計だ」
 →「核弾頭を無効にする」
 →「誇りに思う」
 →「僕といると命が危ない」
 →「妻の命を守るのは君ではなく- 僕の役目だ」
2.ウィリアム・ブラント役ジェレミー・レナーの名言名セリフ
 →「みんな秘密を持っている。これで対等だろ?」
 →「だが‥今 しゃべった」


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:Youtube情報】  





ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング