映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ゼロ・グラビティ:結果はどうあれ これは最高の旅よ【洋画名言名セリフ】

映画「ゼロ・グラビティ」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916172044p:plain




 
ゼロ・グラビティ:ウィキペディア情報 

ゼロ・グラビティ
Gravity
Gravity (movie logo).jpg
監督 アルフォンソ・キュアロン
脚本 アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン
製作 アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ
出演者 サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー
音楽 スティーヴン・プライス
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 マーク・サンガー
アルフォンソ・キュアロン
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イタリアの旗 2013年8月28日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2013年10月4日
日本の旗 2013年12月13日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $274,092,705[1] アメリカ合衆国の旗
$723,192,705[1] 世界の旗
32.3億円[2]日本の旗



ゼロ・グラビティ:あらすじ】※ウィキペディアより引用

[デブリによる連鎖事故]

医療技師を務めるライアン・ストーン博士は、スペースミッションに初めて参加する。指揮を務めるマット・コワルスキーとシャリフと共に、彼女が宇宙空間での船外活動を行うところから映画は幕を開ける。

スペースシャトル「エクスプローラー号」にてハッブル宇宙望遠鏡の修理作業を行うライアンとシャリフ、彼らの傍らで新型の船外活動ユニットのテストを行っていたマット。その面々にヒューストンの管制から、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため船内に避難するよう、緊急連絡が来る。ロシアが自国の人工衛星を破壊したところ、他の人工衛星も連鎖的に破壊され宇宙ゴミとして拡散してしまうケスラーシンドロームが発生したのだ。

ライアンらは作業を中断して退避しようとするが間に合わず、「エクスプローラー号」の水平翼に宇宙ゴミが衝突。シャリフは頭部に宇宙ゴミが直撃して貫通し即死、ライアンとマットは2人とも宇宙空間に投げ出される。船外活動ユニットを装備していないライアンは錐揉み状態になって現在位置を特定できなくなり、パニック状態による過呼吸で宇宙服の酸素も少なくなる。だが、マットは的確な指示を出し続け、船外活動ユニットを駆使してライアンをロープで自分の身体に繋ぎ止めることに成功する。

[シャトルからISSへ]

ヒューストンに無線通信で連絡する2人だが、同軌道上の通信衛星も破壊され、応答がない。めげずに連絡を続けつつ、死亡したシャリフの遺体を回収し「エクスプローラー号」へ帰還するも、コックピットや居住区画も大破し、宇宙服を着用していなかった他の乗組員は全員死亡。遺体が無重力で漂っている有様であった。2人は「エクスプローラー号」を諦め、マットの船外活動ユニットを利用してISS(国際宇宙ステーション)に向かう。

ライアンの宇宙服の酸素が引き続き減っていく中、マットはライアンを励ますために家族の話をするが、娘は4歳の時に幼稚園で事故死したとライアンは答える。

気まずい雰囲気を抱えながらもISSに接近する2人だが、ISSも破損しており、地球へ帰還するためのソユーズ宇宙船は1機が離脱済みで、残る1機も損傷でパラシュートが開いてしまっている。マットは、残ったソユーズ宇宙船を利用し中国の宇宙ステーション『天宮』へ向かう旨を提案し、ISSに取り付こうとする。しかし、マットの船外活動ユニットは直前で燃料切れを起こし、二人は殆ど減速できずにISSへ衝突、反動で宇宙空間に放り出されてしまう。ライアンは辛うじてパラシュートのワイヤーに引っかかり、マットに繋がっているロープを掴めた。しかし、マットはロープを離すよう指示し、ライアンの反対を押し切ってロープのフックを外してしまう。マットは宇宙空間の深遠に漂流する間、通信が途切れるまでライアンに語りかける。

[ソユーズに搭乗して天宮へ]

意識が朦朧としながらもISSの居住区画に入り一息つくライアンだが、しばらくしてISSの一角で火災が発生、必死の消火活動も虚しく炎が燃え広がる。ソユーズに退避して隔壁を閉鎖し事なきを得たライアンは、ソユーズをISSから離脱させるが、開いていたパラシュートのワイヤーがISSに絡まり、うまく離脱できない。船外に出てパラシュートを外すライアンだが、再び膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、ISSを大破させる。

どうにか船内に戻ったライアンはソユーズを発進させようとするが、姿勢制御で燃料を使い果たしてしまったためエンジンが作動しない。AM無線で救助を求めると、地球の電波を拾ってしまい、アニンガという人物と繋がる。赤ん坊をあやすアニンガの声で死別した娘を思い出したライアンは、彼女がいるであろう死後の世界に思いを馳せ、死を覚悟して船内の酸素供給を止め、目をつぶる(短編作品『Aningaaq』(アニンガ)では、地球側から見たこの場面が描かれている[4])。

突然、ソユーズの窓を外からノックする音が聞こえ、ライアンは目を覚ます。そこにいたのは何とマットだった。マットは船内に入ると酸素供給を再開させ、希望を捨てないようライアンを諭し、着陸時の逆噴射装置を利用して『天宮』までの推進力とするよう助言する。しかしライアンが再び目を開けると、そこにマットはいない。幻だったのだ。

ライアンは酸素供給を再開させ、彼の助言通りに着陸船を分離、逆噴射エンジンを作動させて着陸船を『天宮』に向かわせる。

[神舟での大気圏突入]

天宮は高度を落としつつあった。ライアンはソユーズ着陸船を出て『天宮』に到着し、宇宙船『神舟』に乗り込む。中国語表記のコンソールに苦労しつつも、『神舟』の起動に成功。『天宮』は『神舟』とともに落下し、大気圏突入で分解して『神舟』は切り離される。ライアンはマットや死別した娘に祈りを捧げながらも覚悟を決めた。ソユーズの酸素供給を止めた時とは違う覚悟――生きるための覚悟を。

『神舟』の着陸船分離もどうにか間に合い、パラシュートが無事に開いて湖に着水する。大気圏突入時の衝撃でコンソールから出火したことに焦ったライアンがハッチを開いてしまい、『神舟』は浸水して沈没し始め、ライアンは水中へ脱出する。ライアンは宇宙服を脱ぎ捨てつつも泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がるのであった。



【ゼロ・グラビティ:キャスト】※ウィキペディアより引用

ライアン・ストーン - サンドラ・ブロック(日本語吹替:深見梨加)
マット・コワルスキー - ジョージ・クルーニー(日本語吹替:小山力也)
ミッション・コントロール(声のみ) - エド・ハリス(日本語吹替:岩崎ひろし)
アニンガ(声のみ) - オルト・イグナチウッセン(日本語吹替なし、原語流用)
シャリフ(声のみ) - ファルダット・シャーマ(英語版)(日本語吹替:河本邦弘)
シャトル船長(声のみ) - エイミー・ウォレン(日本語吹替:合田絵利)
ISS船長(声のみ) - バシャール・サヴェージ(日本語吹替:宮本崇弘)


【ゼロ・グラビティ:受賞記録※ウィキペディアより引用
 
第86回アカデミー賞において、アルフォンソ・キュアロンの監督賞、サンドラ・ブロックの主演女優賞、エマニュエル・ルベツキの撮影賞へのノミネートに大きな期待がかかっていた。その期待通り3人はアカデミー賞にノミネートされ、キュアロンは監督賞、ルベツキは撮影賞を受賞した。

 

2013年に開催されたハリウッド映画祭で、本作の演技によってサンドラ・ブロックが主演女優賞を受賞した。同年発表された日本のキネマ旬報ベスト・テンでは、アルフォンソ・キュアロンが本作で外国映画監督賞を受賞した。またキネマ旬報・外国語映画ベストテンでは第2位、読者選出外国映画ベスト・テンでは第1位。第37回日本アカデミー賞では、 優秀外国作品賞にノミネートされた。第56回ブルーリボン賞でも、外国作品賞に選ばれた。

 

【ゼロ・グラビティ:トリビア※ウィキペディアより引用
1.スペースデブリ‥耐用年数を過ぎ機能を停止した(された)、または事故・故障により制御不能となった人工衛星から、衛星などの打上げに使われたロケット本体や、その一部の部品、多段ロケットの切り離しなどによって生じた破片、デブリ同士の衝突で生まれた微細デブリ、更には宇宙飛行士が落とした「手袋・工具・部品」なども含まれる。なお、天然岩石や鉱物・金属などで構成された宇宙塵(微小な隕石)は「流星物質」と呼ばれ区別されている。
2.ライアン・ストーン 役の候補‥①スカーレット・ヨハンソン、②ブレイク・ライヴリー、③ナタリー・ポートマン
3.マット・コワルスキー役の候補‥ ダウニー・Jr



【ゼロ・グラビティ:おすすめポイント】
1.こんなに綺麗な地球の映像は観たことが無い!!!
2.これこそ映画だから観れる信じられない凄い映像!!
3.ラストシーンの音楽と映像、そして最後のセリフがいいなぁ!


ゼロ・グラビティ:名言名セリフ】
1.ライアン・ストーン役サンドラ・ブロックの名言名セリフ
 →「無事に生還し奇想天外な話を聞かせるか」
 →「結果はどうあれ これは最高の旅」
 →「ありがとう」
2.マット・コワルスキー役ジョージ・クルーニーの名言名セリフ
 →「誰か空を見上げて君を想ってる?」
 →「地球に戻るか ここにいるか ここは居心地がいい」
 →「もし地球に戻るなら、もう逃げるのはよせ」
 →「くよくよせず旅を楽しめ」


ゼロ・グラビティ:Youtube情報】  





ゼロ・グラビティ:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ゼロ・グラビティ:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング