映画名言名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名言名セリフとそのシーン)と映画名言名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

リチャード・ジュエル:証拠はあるのか?~もう帰ろう【映画名セリフ】

「リチャード・ジュエル」を観ましたので、レビューします!  

f:id:review-movie:20200119204650p:plain


 

 リチャード・ジュエル (映画) - Wikipedia】    

リチャード・ジュエル
Richard Jewell
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ビリー・レイ
原作 マリー・ブレナー英語版
American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell
製作 アンディ・バーマン
レオナルド・ディカプリオ
ジョナ・ヒル
ジェシカ・マイアー
ティム・ムーア
ジェニファー・デイヴィソン
ケヴィン・ミッシャー英語版
クリント・イーストウッド
出演者 サム・ロックウェル
キャシー・ベイツ
ジョン・ハム
オリヴィア・ワイルド
ポール・ウォルター・ハウザー
音楽 アルトゥーロ・サンドヴァル
撮影 イヴ・ベランジェ
編集 ジョエル・コックス
製作会社 アッピアン・ウェイ・プロダクションズ英語版
ミッシャー・フィルムズ
マルパソ・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年11月20日AFI映画祭
アメリカ合衆国の旗 2019年12月13日
日本の旗 2020年1月17日[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $26,820,321[3]
 
 
【リチャード・ジュエル:内容紹介】リチャード・ジュエル (映画) - Wikipedia より引用 

リチャード・ジュエル』(Richard Jewell)は2019年アメリカ合衆国伝記ドラマ映画。監督はクリント・イーストウッド、主演はポール・ウォルター・ハウザーサム・ロックウェルが務めた。マリー・ブレナー英語版1997年に雑誌『ヴァニティ・フェア』に寄稿した記事「American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell(アメリカの悪夢:リチャード・ジュエルのバラード)」を原作とし、1996年のアトランタオリンピックで爆発物を発見して多くの人命を救った英雄であるにもかかわらず、FBIやメディアに容疑者と見なされた実在の警備員リチャード・ジュエルを描いている。

2019年11月に開催されたAFI映画祭においてワールドプレミアが行われた[4]

 

 

【リチャード・ジュエル:ストーリー】リチャード・ジュエル (映画) - Wikipedia より引用 

1996年7月27日、警備員のリチャード・ジュエルアトランタ五輪の会場近くの公園で爆発物を発見した。リチャードの通報のお陰で、多くの人たちが爆発前に避難できたが、それでも2人の死者と100人以上の負傷者を出す大惨事となった(避難の最中に心臓発作で亡くなった人間も出た)。マスメディアは爆発物の第一発見者であるリチャードを英雄として持ち上げたが、数日後、地元紙が「FBIはリチャードが爆弾を仕掛けた可能性を疑っている」と報じた。それをきっかけに、マスメディアはリチャードを極悪人として糾弾するようになった。また、FBIはリチャードの自宅に2回も家宅捜索に入り、彼の知人たちにも執拗な聞き込みをするなど常軌を逸した捜査を行った。ジュエルはかつての職場で知り合った弁護士ワトソン・ブライアントを呼び出し、彼と共にこの理不尽な状況と対峙していくことになる。

  
 
【リチャード・ジュエル:キャスト】リチャード・ジュエル (映画) - Wikipedia より引用    
 
 
リチャード・ジュエル (2019)

【監督】クリント・イーストウッド
【出演】ポール・ウォルター・ハウザー / サム・ロックウェル / キャシー・ベイツ / ジョン・ハム / オリヴィア・ワイルド / ニーナ・アリアンダ / イアン・ゴメス
★★★★☆ [90点]「リチャード・ジュエル:証拠はあるのか?~もう帰ろう【映画名セリフ】」
Posted by 【喜伝会】会長 on 2020/01/19 with ぴあ映画生活
 
 
【映画レビュー 満足度=90点】
100点:公開年TOP映画!!! ※個人年間ベスト作品
90点:超オススメ映画!! ※個人年間ベスト2-10作品
80点:オススメ映画! ※観て欲しい作品
70点:素敵な映画 ※観ても良い作品
60点:残念な映画 ※観なくても良い作品
 
 
【映画レビュー リチャード・ジュエル:起承転結】
起:法の執行人大好き
承:英雄
転:真犯人?
結:3人VS2人の戦い!
 

【映画レビュー リチャード・ジュエル:名セリフとそのシーン】
・「証拠はあるのか?~もう帰ろう」
→質問攻めされる中で、3名のFBIに対して、主人公:リチャード・ジュエル: ポール・ウォルター・ハウザー言うセリフ
※証拠はあるのか?以降のセリフが胸を打つ、最後の「もう帰ろう」が凄くカッコイイ!
 

【映画レビュー リチャード・ジュエル:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.さすが、監督クリント・イーストウッド・制作レオナルド・ディカプリオ、善人で「法の執行人」に憧れている主人公がその執行人:FBIと戦う、素晴らしい名作
!!!
2.ワトソン・ブライアント: サム・ロックウェルの演技が素晴らしすぎる!!
3.コメディアンの主人公:リチャード・ジュエル: ポール・ウォルター・ハウザーがこれからブレイクするのは間違いない
 
 
【リチャード・ジュエル:オススメYoutube!】   


映画『リチャード・ジュエル』30秒予告 2020年1月17日(金)公開

 
 
【リチャード・ジュエル:買うならこれがオススメ!】
 
 
【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング