映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ラストマン・スタンディング:だが、どうせまた何かが起きる、それが人生だ【洋画名セリフ】

「ラストマン・スタンディング」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20190318204523p:plain

 

 

ラストマン・スタンディング - Wikipedia  

ラストマン・スタンディング
Last Man Standing
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ウォルター・ヒル
製作 ウォルター・ヒル
アーサー・サーキシアン
製作総指揮 サラ・リッシャー
マイケル・デ・ルカ
出演者 ブルース・ウィリス
音楽 ライ・クーダー
撮影 ロイド・エイハーン
編集 フリーマン・デイヴィス
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年9月20日
日本の旗 1997年2月8日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $67,000,000
興行収入 $47,267,001

 

 

【ラストマン・スタンディング:内容紹介】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ここは
無法者の町。ここでの掟は ただ一つ…。
自分の身は 自分で守れ。
“目を見張る…激烈なアクション!”

黒澤明監督の「用心棒」を、ウォルター・ヒル監督が30年代のギャング社会の設定でリメイク。西部の町・ジェリコを訪れたジョン・スミスは、絡んできた男たちを二丁拳銃でいとも簡単に始末する。

 

 

【ラストマン・スタンディング:ストーリー】※Amazonより引用

テキサス州ジェリコ。まともな人間なら避けて通るこの埃にまみれた町に、訳ありの殺し屋ジョン・スミスが姿を現す。そこは禁酒法時代の2組のギャングがにらみ合う、暴力が支配する土地。だがスミスにとって、ジェリコはおあつらえ向きの場所だった。なぜならこの男は、血で血を洗う抗争の双方に肩入れして、漁父の利を得る術を知っていたから…。

 

 

【ラストマン・スタンディング:キャスト】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用
役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
ジョン・スミス ブルース・ウィリス 安原義人 野沢那智
エド・ガルト保安官 ブルース・ダーン 塚田正昭 山野史人
ジョー・マンデー ウィリアム・サンダーソン 荒川太郎 西村知道
ヒッキー クリストファー・ウォーケン 有本欽隆 立木文彦
ドイル デヴィッド・パトリック・ケリー 大滝進矢 江原正士
フェリーナ カリーナ・ロンバード 山田美穂 山像かおり
フレッド・ストロッジ ネッド・アイゼンバーグ 水野龍司 牛山茂
ルーシー・コリンスキー アレクサンドラ・パワーズ 小林優子 田中敦子
ジョルジオ・カルモンテ マイケル・インペリオリ   佐久田修
トム・ピケット隊長 ケン・ジェンキンス   小林勝彦
ジャック・マックール R・D・コール 渡部猛 辻親八
保安官補ボブ テッド・マークランド 台詞なし
ワンダ レスリー・マン 丸山真奈実 榎本智恵子
フィン パトリック・キルパトリック   谷口節
ラミレス指揮官 ルイス・コントレラス 原語流用
ガソリンスタンド店員 レイノール・シェイン   千田光男
ジャッコ・ザ・ジャイアント タイニー・ロン   郷里大輔
ドッカー マイケル・ストラッサー   星野充昭
バーク マット・オトゥール   小形満
護衛の運転手 アラン・グラフ   稲葉実
 

映画レビュー ラストマン・スタンディング:起承転結
起:小さな町ジェリコに到着
承:二つのギャング
転:拷問
結:最後の決戦!
 
  

映画レビュー ラストマン・スタンディング個人評価=★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー ラストマン・スタンディング:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.二丁拳銃のブルース・ウィリスがめちゃくちゃカッコイイ!!!
2.『ブレードランナー』の遺伝子工学技師J・F・セバスチャン役で有名なウィリアム・サンダーソンがバーのマスター役でなかなか良い!!
3.黒澤明の『用心棒』をギャング映画に翻案した作品  
  

【映画レビュー ラストマン・スタンディング名セリフとそのシーン】
 ・「だが、どうせまた何かが起きる、それが人生だ」
→ラストシーンで主人公:ブルース・ウィリスが呟く名セリフ。
 

【ラストマン・スタンディング:Youtube情報】  
※淀川長治さんの最後の映画解説です!
 

ラストマン・スタンディング:購入するなら