名言名セリフ映画レビュー

映画のレビューと名言名セリフを紹介しています!

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:てめぇと遊んでる暇はねぇ!【邦画名言名セリフ】

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916211533p:plain




闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:ウィキペディア情報

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
監督 山口雅俊
原作 真鍋昌平
出演者 山田孝之
綾野剛
永山絢斗
真飛聖
間宮祥太朗
主題歌 Superfly「Good-bye」[19]
公開 日本の旗 2016年10月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億4000万円[20]
前作 闇金ウシジマくん Part3



闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:ストーリー】闇金ウシジマくん ザ・ファイナル公式HPより引用

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。

 

「カオルちゃん、あのウサギは元気?」

 

竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。

 

丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。

 

丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か? 絶望か、希望か?



闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:キャスト】※ウィキペディアより引用
丑嶋馨
演 - 山田孝之(少年時代:狩野見恭兵)
戌亥
演 - 綾野剛(少年時代:相澤侑我)
竹本優希
演 - 永山絢斗(少年時代:朝陽)
丑嶋の幼馴染。貧困ビジネスに巻き込まれる。
今井万里子
演 - 真飛聖
美容界のカリスマ。
鰐戸三蔵
演 - 間宮祥太朗 (少年時代:三池友弥)
鰐戸三兄弟の三男。制御不能で凶暴な人物。
鰐戸二郎
演 - YOUNG DAIS(少年時代:楡木直也)
鰐戸三兄弟の次男。竹本を貧困ビジネスに誘う。
モネ
演 - 最上もが
甲本直人
演 - 太賀
竹本とともに鰐戸三兄弟の下で働く労務者。財布を落とす女、あやめに恋心を抱く。
「レッド・ペガサス」の初美さん(イメージ)
演 - 湊莉久
あやめ
演 - 天使もえ
財布を落とす女。
村井
演 - マキタスポーツ
榊原
演 - モロ師岡
鰐戸三兄弟の下で働く労務者。つくしの間室長。
鰐戸一
演 - 安藤政信(少年時代:池本啓太)
鰐戸三兄弟の長男。12年前の因縁から丑嶋に復讐を誓う。
都陰亮介
演 - 八嶋智人
弁護士。鰐戸三兄弟と関わりがある。
犀原茜
演 - 高橋メアリージュン(少女時代:玉城ティナ)
少女時代両親に捨てられ天涯孤独だったところ、「悶主陀亞連合」総長の鮫島に世話され、鮫島の死後は実質的に「悶主陀亞連合」を仕切っていた。
高田
演 - 崎本大海
柄崎
演 - やべきょうすけ(少年時代:江口祐貴)


闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:おすすめポイント】
1.丑嶋馨役山田孝之が闇金融の世界に身を置くことになった過去の因縁が凄すぎる!!!
2.丑嶋馨役山田孝之と竹本優希役永山絢斗の絡みやセリフがいいなぁ!!
3.犀原茜役高橋メアリージュンが良い役している!
4.丑嶋馨役山田孝之の仲間思いがヤバイ!


闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:おすすめミュージック】



闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:名セリフ】
1.丑嶋馨役山田孝之の名セリフ
 →「てめぇと遊んでる暇はねぇ!」
 →「なんでお前は人の犠牲になるんだ」
 →「やるときは徹底的にやるって教えただろ 撃てよ」
2.竹本優希役永山絢斗の名セリフ
 →「人が人を見捨てたら何も残らない」


闇金ウシジマくん ザ・ファイナルYoutube情報】 
 





闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:個人評価=★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき
★★★★:早めに観るべき
★★★:まあ観ても良し
★★:観なくても良し
★:観てはいけない


闇金ウシジマくん ザ・ファイナル:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング