名言名セリフ映画レビュー

映画のレビューと名言名セリフを紹介しています!

フラッシュダンス:夢を捨てるのは死ぬことと同じだ【洋画名言名セリフ】

映画「フラッシュダンス」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916113333p:plain




 
フラッシュダンス:ウィキペディア情報 

フラッシュダンス
Flashdance
監督 エイドリアン・ライン
脚本 トム・ヘドリー
ジョー・エスターハス
原案 トム・ヘドリー
製作 ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
出演者 ジェニファー・ビールス
マイケル・ヌーリー
シンシア・ローズ
音楽 ジョルジオ・モロダー
撮影 ドン・ピーターマン
編集 バッド・スミス
ウォルター・マルコネリー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年4月15日
日本の旗 1983年7月30日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $92,921,203[1]
配給収入 32億8000万円[2] 日本の旗



フラッシュダンス:作品概要】※ウィキペディアより引用

主演はオーディションで選ばれ、本格的な映画初出演(以前に「マイ・ボディガード」での端役映画出演はある)が主演デビューという幸運に恵まれたジェニファー・ビールス。

撮影当時、イェール大学に入学したばかりだった彼女の新鮮な魅力が話題を呼び、低予算の映画ながら世界的に大成功した。

アイリーン・キャラが歌う映画主題歌『フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング』は、アカデミー賞で歌曲賞を受賞し、世界的な大ヒットを記録した。日本では麻倉未稀が同タイトルをTVドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌として日本語でカヴァーし、同じくヒットした。

また、ジョルジオ・モロダーがプロデュースし、多数のアーティストが参加したサウンドトラックもビルボードのアルバムチャートで1位を獲得、日本のオリコンLPチャートでは10週連続1位を記録し、こちらも大ヒットとなった。

製作のドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーはこれ以後、『ビバリーヒルズ・コップ』や『トップガン』などのヒットを次々に放ち、1980年代を代表するプロデューサーとなる。

1985年10月12日 フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」でTV初放送された際には、当時としては異例のオリジナル英語音声(ステレオ放送)、日本語字幕で放送。賛否両論を巻き起こした。音楽重視の作品であるためステレオ放送に踏み切ったという。その約1年後、1986年12月19日 日本テレビ「金曜ロードショー」で再放映された際に吹き替え版が製作され、放映された。



フラッシュダンス:ストーリー】※ウィキペディアより引用

舞台はピッツバーグ。

 

プロのダンサーになるという夢を抱きながら、昼は製鉄所で溶接工、夜はキャバレーとなる近所のバー、マウビーズでセクシーなダンサーをしながらダンスの練習に励む18歳の女性、“アレックス”アレキサンドラ・オウエンズ(ジェニファー・ビールス)。倉庫を改装した家で犬のグラントと共に生活をしている。

 

アレックスは身寄りがなかったが、マウビーズの同僚ウェイトレスでプロ・スケーターを夢見るジェニー、ジェニーの恋人でコメディアン志望の即席料理人リッチーと親しくしていた。

 

ある夜、客の中に彼女が昼間働く製鉄所の二枚目社長ニック・ハーレイ(マイケル・ヌーリー)を見つける。彼はアレックスが従業員の1人であることに気付き、ニックは仕事中に彼女に言い寄るが、彼女は彼のくどき文句を最初ははねつける。また近所のストリップ・クラブのザンジバーのジョニー・C(リー・ヴィング)は彼女をスカウトしようとしていた。

 

良き相談相手である、リタイアしたバレリーナでダンスの師であるハンナ・ロング(リリア・スカラ)に会った後、アレックスはピッツバーグのダンサー養成所のオーディションを受けようと応募用紙をもらいに出かけるが、応募用紙にダンス経験や教育の有無を記入する欄があり、他の応募者達はバレエ等ダンスの基礎を習得した者ばかりで、独学でダンスの練習を続けてきたアレックスは自信を喪失し、そのまま帰ってきてしまう。

 

ある日リッチーとアレックスがマウビーズを出ると、ジョニー・Cとボディ・ガードのセシルに絡まれる。ニックが仲裁に入り、アレックスを助けたことで2人の関係が始まる。

 

ジェニーはスケートの競技会に出場するが2回転倒し敗北する。リッチーはコメディアンになるためピッツバーグを離れロサンゼルスに向かい、彼女は夢に挫折しジョニー・Cと付き合うようになりザンジバーでトップレスのダンサーになってしまう。

 

ニックが見知らぬ女性とバレエに来ているのを見つけ、アレックスは彼の家で暴れるが、その女性は彼の元妻ケティ(ベリンダ・バウアー)で慈善行事の会議のために会っただけであった。アレックスとニックは仲直りをし、ダンサー養成所のオーディションに再び挑戦する勇気を取り戻す。ニックはコネを使い、アレックスが合格するよう仕向ける。アレックスは自身の実力を試したかったためニックに激怒し、オーディションを受けることをやめた。友人が夢に挫折し、ハンナの突然の死を目の当たりにし自身の未来に失望しかけるが、もう一度オーディションを受けようと決意。

 

オーディションで最初はよろめくが最初からやり直し、ピッツバーグのストリートで見たブレークダンスを取り入れ学び練習してきた様々な表現の伝統にとらわれない独創的なダンスで挑む。初めは全く興味を示さない審査員であったが、予想もしないダンスに圧倒され見事合格を勝ち取る。会場から喜んで出てきたアレックスを待っていたのは、犬のグラントとバラの花束を抱えたニックだった。二人は抱き合い、喜びを分かち合うのだった。


【フラッシュダンス:キャスト】※ウィキペディアより引用

役名 俳優 日本語吹替
アレックス・オーウェンズ ジェニファー・ビールス 戸田恵子
ニック・ハーレイ マイケル・ヌーリー 小川真司
ハンナ・ロング リリア・スカラ 中村紀子子
ジェニー サニー・ジョンソン Sunny Johnson 潘恵子
リッチー カイル・T・ヘフナー 中尾隆聖
ジョニー・C リー・ヴィング 納谷六朗
ティナ・テック シンシア・ローズ 高島雅羅
ジェイク・モービー ロン・カラバトソス 富田耕生
ケティ・ハーレイ ベリンダ・バウアー 横尾まり
セシル マルコム・ダネア 安西正弘
フランク・ザボ フィル・ブランス  
ローズマリー・ザボ ミコール・マーキュリオ  
秘書 ルーシー・リー・フリッピン  
ピート ドン・ブロケット  
ヒールズ ダーガ・マクブルーム  
マーゴ ステイシー・ピックレン  
サニー リズ・セイガル  



フラッシュダンス:トレビア】※ウィキペディアより引用

1.ミュージック・ビデオ・スタイルの表現方法‥シンプソンとブラッカイマーのヒット作『トップガン』(1986年)など他の映画に影響を与えた。
2.ブレイクダンスをハリウッド映画として取り上げた最初の作品であるとともに、女権拡張を唱えた1980年代を象徴する作品である。



【フラッシュダンス:おすすめポイント】
1.アレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスのダンスシーンは全ておすすめ!!!
2.ダンス仲間とのコラボ映像も素敵!!
3.とにかくアレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスがキュートでセクシーでかわいい!


フラッシュダンス:名言名セリフ】
1.アレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスの名言名セリフ
 →「社長に見つかったら良くないから」
 →「しゃぶるの」
2.ニック・ハーレイ役マイケル・ヌーリーの名言名セリフ
 →「全てを捨ててやり直した」
 →「深呼吸してジャンプする」
 →「夢を捨てるのは死ぬことと同じだ」


フラッシュダンス:Youtube情報】      


 


フラッシュダンス:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


フラッシュダンス:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング