映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

アイ・イン・ザ・スカイ:ドローンからミサイルを撃ちます【洋画名言名セリフ】

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916212240p:plain




アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:ウィキペディア情報

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
Eye in the Sky
監督 ギャヴィン・フッド
脚本 ガイ・ヒバート
製作 ゲド・ドハティ
コリン・ファース
デヴィッド・ランカスター
製作総指揮 ザヴィエル・マーチャンド
ベネディクト・カーヴァー
クローディア・ブリュームフーバー
アン・シーアン
ガイ・ヒバート
スティーヴン・ライト
出演者 ヘレン・ミレン
アーロン・ポール
アラン・リックマン
バーカッド・アブディ
音楽 ポール・ヘプカー英語版
マーク・キリアン
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 ミーガン・ギル
製作会社 エンターテインメント・ワン英語版
レインドッグ・フィルムズ
配給 イギリスの旗 エンターテインメント・ワン
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 イギリスの旗 2016年4月8日
アメリカ合衆国の旗 2016年4月1日
日本の旗 2016年12月23日[1]
上映時間 102分[2]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $13,000,000[3]
興行収入 イギリスの旗 $6,637,511[4]
世界の旗 $32,848,185[3]



アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:あらすじ】※ウィキペディアより引用

イギリス・ロンドンで、イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐(演:ヘレン・ミレン)は、国防副参謀長[6]のフランク・ベンソン中将(演:アラン・リックマン)のもと、アメリカ軍のドローン、MQ-9 リーパー偵察攻撃機を使い、英米・ケニアによる合同テロリスト捕獲作戦を指揮していた。

 

合同チームは、上空2万2千フィートを飛んでいるMQ-9 リーパーと現地の偵察用小型ドローンにより、ケニアの首都ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブのテロリストたちを確認した。屋内の昆虫型小型ドローンにより、テロリストたちが自爆ベストを着用して犯行予告映像を撮影し、今まさにテロを決行しようとしていることが発覚する。

 

英米・ケニア合同軍はテロの被害を未然に防ぐべく、捕獲を諦め、テロリストへの攻撃を決定する。アメリカ合衆国ネバダ州の米軍基地では、ドローン・オペレーター(×パイロット)のスティーブ・ワッツ(演:アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、ミサイルの発射準備に入る。だが、発射準備に入ったその時、目標のそばの路上で、隠れ家の隣に住む少女アリア(演:アイシャ・タコウ)がパンを売る準備を始める。

 

予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、内閣府ブリーフィングルーム(コブラ)に詰める軍人や政治家たちの間で議論が勃発する。パウエル大佐は、少女を犠牲にしてでもテロリストを殺害することを主張するが、政務次官・閣外大臣は民間人の犠牲を避けようとし、合意には至らない。少女を救うため、司令部は彼女の売るパンを買い上げるよう現地工作員に命令を出すが、失敗に終わりアリアはパンを売り続ける。

 

最終的に、司令部は巻き添え被害による少女の死亡率を50%以下に下げた地点を選んで攻撃することを選択するが、アリアは爆発に巻き込まれて怪我を負い、搬送先の病院で亡くなる。作戦終了後、政務次官(演:モニカ・ドラン(英語版))は「恥ずべき作戦だった」となじるが、これに対しベンソン中将は、「戦争の代償を知らないなど軍人に言うな」と言い込める。



アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:キャスト】※ウィキペディアより引用
※括弧内は日本語吹替
キャサリン・パウエル大佐(常設総合司令部司令官) - ヘレン・ミレン(一柳みる)
スティーヴ・ワッツ中尉(ドローン操縦士) - アーロン・ポール(小田柿悠太)
フランク・ベンソン中将(国防副参謀長) - アラン・リックマン(土師孝也)
ジャマ・ファラ(現地工作員) - バーカッド・アブディ(あべそういち)
ブライアン・ウッデール閣外大臣 - ジェレミー・ノーサム
キャリー・ガーション上等航空兵 - フィービー・フォックス
ジェームズ・ウィレット英国外相 - イアン・グレン
エド・ウォルシュ中佐 - ギャヴィン・フッド
アンジェラ・ノース政務次官(アフリカ担当) - モニカ・ドラン(英語版)
ケン・スタニックアメリカ合衆国国務長官 - マイケル・オキーフ
少女アリア - アイシャ・タコウ


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:受賞記録】
2016 英国映画賞 脚本賞 ガイ・ヒバート


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:おすすめポイント】
1.屋内の昆虫型小型ドローンを使った驚異の映像が最高!!!
2.いつスイッチを入れるのか?娘は逃げられるのか?ドキドキ感がいいなぁ!!
3.少女アリア役アイシャ・タコウの商売シーンが好きだなぁ!
4.ジャマ・ファラ(現地工作員)役バーカッド・アブディが良い役を演じている!


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:名言名セリフ】
1.キャサリン・パウエル大佐(常設総合司令部司令官)役ヘレン・ミレンの名言名セリフ
 →「任務は”空の目”になること」
 →「ドローンからミサイルを撃ちます」
2.アンジェラ・ノース政務次官(アフリカ担当) - モニカ・ドランの名言名セリフ
 →「恥ずべき作戦だった」
3.フランク・ベンソン中将(国防副参謀長)役アラン・リックマンの名言名セリフ
 →「戦争の代償を知らないなど軍人に言うな」


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:トリビア】※ウィキペディアより引用
・遺作‥「ハリー・ポッターシリーズ」のスネイプ先生役でお馴染みのアラン・リックマンの遺作となった。


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場Youtube情報】





アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき映画‥生きるための何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも感動を与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては意味を全く持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング