映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

さらば あぶない刑事:お前と会えて良かったよ【邦画名言名セリフ】

さらば あぶない刑事映画「さらば あぶない刑事」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916194348p:plain




 
さらば あぶない刑事:ウィキペディア情報 

さらば あぶない刑事
監督 村川透
脚本 柏原寛司
製作総指揮 黒澤満
出演者 舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
ベンガル
山西道広
菜々緒
吉川晃司
小林稔侍
音楽 安部潤
主題歌 舘ひろし「冷たい太陽 Final Version」
撮影 仙元誠三
編集 只野信也
制作会社 セントラル・アーツ
製作会社 「さらば あぶない刑事」製作委員会
配給 東映
公開 2016年1月30日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 16.1億円[1]
前作 まだまだあぶない刑事



さらば あぶない刑事:ストーリー】※ウィキペディアより引用

 
 
 

警察官の定年退職が5日後に迫っていた鷹山と大下。無事に定年を迎えさせたいという町田捜査課長や深町県警本部長らの気遣いをよそに、最後の最後まで悪党退治を楽しんでいた二人だが、一方で定年後の密かな夢も持っていた。特に鷹山は、最愛の恋人である夏海と共に新たな人生へ踏み出そうとしていた。

 

そんな二人の刑事人生最後のターゲットは、かつて壊滅させた銀星会の残党で現在は新興組織「闘竜会」の幹部として非合法のブラックマーケットを仕切っていた伊能。現場を急襲し伊能を追うも、謎のライダーの妨害によって逃げられてしまう。

 

その翌日、伊能が惨殺死体となって発見される。闘竜会・ロシア・中国・各国マフィアたちのパワーバランスが崩れ始める最中、謎の日系人キョウイチ・ガルシアが現れた。「ビジネスマン」と名乗るその正体は、中南米系犯罪組織「BOB」の幹部。目的はズバリ日本進出。中国マフィアや闘竜会の主だった幹部を殺害し、闘竜会の傀儡化を図る。BOBに呑み込まれていく横浜を守るべく、鷹山と大下は最後の捜査に挑む。



【さらば あぶない刑事:キャスト】※ウィキペディアより引用


鷹山敏樹 - 舘ひろし
大下勇次 - 柴田恭兵
真山薫 - 浅野温子
町田透 - 仲村トオル
田中文男 - ベンガル
吉井浩一 - 山西道広
山路瞳 - 長谷部香苗
谷村進 - 衣笠拳次
岸本猛 - 伊藤洋三郎
松村優子 - 木の実ナナ
深町新三 - 小林稔侍
浜辺夏海 - 菜々緒
キョウイチ・ガルシア - 吉川晃司
ディーノ・カトウ - 夕輝壽太
川澄和則 - 吉沢亮
石黒達也 - 入江甚儀
奥西竜司 - 片桐竜次
伊能丈治 - 須藤正裕
海上署職員 - LiLiCo
吉井の妻 - 宮下順子
津久浦刑事 - 池田努
保谷刑事 - 松浦慎一郎
水上 - ホリベン
新井 - 谷村好一
樋口 - 一ノ瀬ワタル
鴻上 - 東村久也
西澤 - 加賀谷圭
 
【さらば あぶない刑事:おすすめポイント】
1.久しぶりに観たがやっぱりこの2人はカッコイイ!!!
2.キョウイチ・ガルシア役吉川晃司がナイスキャスティング!!
3.バブル時代を思い出す!


さらば あぶない刑事:名言名セリフ】
1.鷹山敏樹役舘ひろしの名言名セリフ
 →「俺たちが一番嫌いなのがドンパチだ」 
 →「いつかは別れる時が来るさ」
 →「お前と会えて良かったよ」
2.大下勇次役柴田恭兵の名言名セリフ
 →「ダンディ鷹山とセクシー大下」
 →「長く居過ぎたな この街に」
 →「残りの弾の数と敵の数が全く合いません」
3.真山薫役浅野温子の名言名セリフ
 →「ご祝儀の額で男の価値が決まるのよ クイクイ」


さらば あぶない刑事:Youtube情報】 



さらば あぶない刑事:個人評価=★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


さらば あぶない刑事:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング