映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

テルマエ・ロマエ:恐るべし平たい顔族【邦画名言名セリフ】

映画「テルマエ・ロマエ」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916195851p:plain




 
テルマエ・ロマエ:ウィキペディア情報 

テルマエ・ロマエ
THERMAE ROMAE
監督 武内英樹
脚本 武藤将吾
原作 ヤマザキマリ
出演者 阿部寛
上戸彩
市村正親
音楽 住友紀人
主題歌 ラッセル・ワトソン
誰も寝てはならぬ
撮影 川越一成
編集 松尾浩
製作会社 「テルマエ・ロマエ」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年4月28日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 59.8億円[44]
次作 テルマエ・ロマエ2



テルマエ・ロマエ:あらすじ】※ウィキペディアより引用

 
 
 

映画版では、原作にはないキャラクターが登場し、原作のエピソードを下敷きにしながらも独自のストーリーが展開される。

 

古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスは、ローマの公衆浴場から21世紀の日本の銭湯に突然タイムスリップしてしまう。以後、古代ローマと現代日本の浴場を何度も往復し、その都度数々の設備や工夫を目の当たりにすることになる。

 

一方、漫画家志望の若い日本人女性である山越真実は、ルシウスが現代日本に出現するたびに彼に接触することになり、大いに興味を引かれる。

 

現代日本で見たものをモデルにローマで新たな浴場を建造して名声を高めたルシウスは、ついには皇帝ハドリアヌスお抱えの浴場設計技師となり、側近のアントニヌスの知遇も得る。やがて、ハドリアヌスは、後継者と考えるケイオニウスのために新たな浴場建設をルシウスに命じる。

 

その後ルシウスは再び日本にタイムスリップし、今度は真実の実家である古い温泉宿に現れる。そこには、漫画家への道を諦め、実家の温泉宿の跡継ぎとなる決意を固めかけていた真実がいた。真実はルシウスと再会する日に備えてラテン語と古代ローマ史を猛勉強し、彼と完璧に会話ができるまでになっていた。そして帰還するルシウスに巻き込まれて真実も古代ローマにタイムスリップしてしまう。

 

どうしてもケイオニウスを信頼できないルシウスは、厳罰を覚悟でハドリアヌスの命を拒否する決意を固める。ハドリアヌスは、それまでの業績を考慮してルシウスの処罰は免除するが、二度と眼前に現れるなと申し渡す。これにより史実と異なるアントニヌスの左遷が実現しかかっていた。真実は、これを阻止しないと歴史が変わってしまい、ハドリアヌスの神格化も実現しないことに気づく。これを聞かされたルシウスは、反乱が発生しローマ軍が鎮圧に向かうがローマ軍は長旅で疲弊し負傷して苦戦を強いられていた、ルシウスは治癒効果のある温泉場を戦場に建設しローマ軍兵士の傷の治療と疲労回復を行い、その手柄をアントニヌスに譲ることにする。真実の後にやはり古代ローマにタイムスリップしてしまった真実の父とその温泉仲間たちの支援も得て、ルシウスはオンドル小屋の立ち並ぶ湯治場を作り上げてローマ軍の勝戦に貢献する。これによってアントニヌスの左遷は取り消され、ルシウスも名誉を回復する。やがて、ルシウスと別れて真実たちは現代日本に戻ることになる。

 

ルシウスとの体験を踏まえ再び漫画家への挑戦(持ち込み)を始めた真実の前に、またしてもタイムスリップしてきたルシウスが現れるところで終幕となる。

 

【テルマエ・ロマエ:キャスト】※ウィキペディアより引用

ルシウス - 阿部寛 古代ローマ帝国の浴場設計技師
山越真実 - 上戸彩 普段は派遣社員として働く漫画家志望。ルシウスが銭湯で倒れた姿をスケッチした。原作の小達さつきの役割にあたるキャラクター。
ハドリアヌス - 市村正親 第14代ローマ皇帝
ケイオニウス - 北村一輝 次期皇帝候補
アントニヌス - 宍戸開 次期皇帝候補
マルクス - 勝矢 ルシウスの友人
館野 - 竹内力 厳つい男
山越修造 - 笹野高史 真実の父
山越由美 - キムラ緑子 真実の母
岸本 - 外波山文明 棟梁
名倉 - 飯沼慧 長老
最上 - 岩手太郎 教授
大西 - 木下貴夫 グルメ
銭湯にいる老人 - いか八朗
銭湯にいる中年 - 神戸浩
銭湯にいる中年 - 長野克弘
平井道子 - 内田春菊 漫画家で真実の師匠
平井卓三 - 菅登未男 道子の義父。
宇治野 - 森下能幸 真実が派遣されていたショールーム会社の社員
ショールーム部長 - 蛭子能収
伊丹登 - 松尾諭 真実の見合い相手
金精様を見る女性 - 路井恵美子
金精様に乗る女性 - 桜井千寿
敬太 - 小野寺文哉 ワニ園に居た双子
将太 - 小野寺慶之 ワニ園に居た双子
おばあさん - 花原照子 銭湯の番台に居た老女
 
 
【テルマエ・ロマエ:おすすめポイント】
1.阿部寛でなければルシウス役はできないと言わせるほどハマリ役で本当に楽しい映画!!!
2.ルシウス役阿部寛と山越真実役上戸彩のコンビは最強すぎる!!
3.何はともあれ、皆はまり役の超豪華キャスト!


テルマエ・ロマエ:名言名セリフ】
1.ルシウス役阿部寛の名言名セリフ
 →「わたくしにお任せください」
 →「何なんだここは 顔が平たい」
 →「この奴隷風呂 使えるぞ」
 →「驚くべき奴隷たちだ」
 →「恐るべし平たい顔族」
2.山越真実役上戸彩の名言名セリフ
 →「どうしよう 歴史が変わっちゃう」
 →「ローマの危機 救うため」
3.ハドリアヌス役市村正親の名言名セリフ
 →「ローマ帝国の為だと思って テルマエを作ってもらいたい」


テルマエ・ロマエ:Youtube情報



テルマエ・ロマエ:個人評価=★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


テルマエ・ロマエ:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング