映画名言名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名言名セリフとそのシーン)と映画名言名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

万引き家族:とうちゃんさ、おじさんに戻るよ【邦画名セリフ】

.entry-content {   font-size:16px; }

「万引き家族」を観ましたので、レビューします!     

f:id:review-movie:20190519113637p:plain




 万引き家族 - Wikipedia     

万引き家族
Shoplifters
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
原案 是枝裕和
製作 石原隆
依田巽
中江康人
出演者 リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
池松壮亮
城桧吏
佐々木みゆ
高良健吾
池脇千鶴
樹木希林
音楽 細野晴臣
撮影 近藤龍人
編集 是枝裕和
制作会社 AOI Pro.
製作会社 フジテレビ
AOI Pro.
ギャガ
配給 日本の旗 ギャガ
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2018年6月8日
香港の旗 2018年7月5日
台湾の旗 2018年7月13日
大韓民国の旗 2018年7月26日
中華人民共和国の旗 2018年8月3日
アメリカ合衆国の旗 2018年11月23日
フランスの旗 2018年12月12日
ドイツの旗 2018年12月28日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 45.5億円(2019年1月時点)

 

 

【万引き家族:内容紹介】Amazonより引用 

第71回カンヌ国際映画祭 最高賞 パルムドール 受賞
家族を描き続けてきた是枝裕和監督が、“家族を超えた絆"を描く衝撃の感動作


★第71回カンヌ国際映画祭 最高賞 パルムドール受賞作品! 日本人が受賞するのは1997年以来21年ぶり!

★第76回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞ノミネート! 注目がさらに高まっている本作!

★リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林による豪華共演! ささらに池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人と、実力派俳優たちが集結。


今度の主役は、犯罪でしかつながれなかった家族。日々万引きを重ねる父をリリー・フランキー、その妻を安藤サクラ、彼女の妹を松岡茉優、祖母を樹木希林。さらに池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人と、実力派俳優たちが集まった。
生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていくうちに、一層強く結ばれる一家。だがそれは、許されない絆だった。人と人との関係が希薄な今の時代に、『誰も知らない』『そして父になる』など様々な家族の形を真摯に見つめ続けてきた是枝監督だからこそ描ける、真の“つながり"とは何か、を問う衝撃の感動作が誕生した。

 

 

【万引き家族:ストーリー】Amazonより引用 

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

  

 

【万引き家族:キャスト】万引き家族 - Wikipediaより引用  

リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
池松壮亮
城桧吏
佐々木みゆ
高良健吾
池脇千鶴
樹木希林

 

 

映画レビュー 万引き家族:起承転結

起:5人家族

承:万引きしている

転:母急逝

結:別れ!

 

  

映画レビュー 万引き家族個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

 ★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー 万引き家族:おすすめポイント(個人評価理由)】

1.リリー・フランキー安藤サクラとのまったりセクシーシーンが超いいなあ!!!

2.やっぱり樹木希林さんの存在は半端ない、遺作につき必見!!

3.さすが、是枝裕和監督の一言!

 →脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だった。※万引き家族 - Wikipedia

 


【映画レビュー 万引き家族名セリフとそのシーン】
 ・「とうちゃんさ、おじさんに戻るよ」
→背中同士で寝ながらリリー・フランキーが息子:城桧吏に言う名セリフ。
 

【万引き家族:Youtube情報】    


【公式】『万引き家族』大ヒット上映中!/本予告

 
 
【万引き家族:買うならこれがオススメ!】