映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

忠臣蔵:落ちぶれてこそ人の情けは身に沁みて有り難いもの【邦画名セリフ】

「忠臣蔵」を観ましたので、レビューします!     

f:id:review-movie:20190218162954p:plain

 

 

忠臣蔵 (1958年の映画) - Wikipedia     

忠臣蔵
監督 渡辺邦男
脚本 渡辺邦男
八尋不二
民門敏雄
松村正温
製作 永田雅一
出演者 長谷川一夫
市川雷蔵
鶴田浩二
勝新太郎
京マチ子
山本富士子
木暮実千代
淡島千景
若尾文子
滝沢修
音楽 斎藤一郎
撮影 渡辺孝
編集 宮田味津三
製作会社 大映京都撮影所
配給 日本の旗 大映
公開 日本の旗 1958年4月1日
上映時間 166分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億1033万円

 

 

【忠臣蔵:内容紹介】※Amazonより引用

日本映画界未曾有の豪華配役! 赤穂浪士の決定版!
堂々の三時間、オールスター出演の傑作時代劇!

 

 

【忠臣蔵:ストーリー】※Amazonより引用

時は元禄。赤穂城主浅野内匠頭は吉良上野介の日頃の侮辱に耐えかね、ついに松の廊下で斬りつけるが打ち損じることに。
これにより内匠頭は切腹 お家は断絶の憂き目に…。
浅野家家老大石内蔵助は城を明け渡した後、吉良に復讐する覚悟であることを告げる。
しかし内蔵助は京都でうつつを抜かす日々。
そんな内蔵助の姿に愛想を尽かし ついに同士は四十七人に…。
ついに討入りの日、折からの白雪のなか吉良屋敷に乱入した一行は、見事主君の仇討ちを果たした。
それはたちまち江戸中の評判に。

 

 

【忠臣蔵:キャスト】※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

映画レビュー 忠臣蔵:起承転結
起:殿様切腹
承:切腹→決起集会
転:数々の別れ
結:行列!
 
  

映画レビュー 忠臣蔵個人評価=★★★★】

ぴあ映画生活からの「レビュー」における、満足度(採点の目安)に準じます。

★★★★★ 文句なし。1年に1本の傑作。何度観てもよい。DVD/ビデオも欲しい。
★★★★ 非常に満足。秀作。レンタルでまた観たい。どこかの賞取るかも。
★★★ 普通におもしろい。損はしてない。佳作。監督/役者の次回作は観たい。
★★ レンタル/テレビでいいかな。監督/役者のがんばりは認めるが。。。期待はずれ。
★ よく分からん。つまらん。おもしろい人にはおもしろいかも知れない。



【映画レビュー 忠臣蔵:おすすめポイント(個人評価理由)】
1.大石内蔵助(長谷川一夫)・浅野内匠頭(市川雷蔵):忠臣蔵映画の最高峰(とにかく、涙がポロポロ止まらない)!!!
2.若手の三人(鶴田浩二、勝新太郎、川口浩)も良い役で活躍している!!
3.大映の看板女優の三人(京マチ子、若尾文子:黒川紀章の妻、山本富士子)が素敵!
 

【映画レビュー 忠臣蔵名セリフとそのシーン】
 ・「落ちぶれてこそ人の情けが身に沁みて有り難いもの」
→大石内蔵助(長谷川一夫)が垣見五郎兵衛(二代目中村鴈治郎)より近衛道中手形を頂く直前に言う名セリフ。
 
 
 

忠臣蔵:購入するなら

【応援クリック、いつもありがとうございます!】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村
 映画レビューランキング