映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ブレードランナー 2049:最高の記録は彼女のだった【洋画名言名セリフ】

映画「ブレードランナー 2049」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916013752p:plain


ブレードランナー 2049:ウィキペディア情報

ブレードランナー 2049
Blade Runner 2049
Blade-runner-2049-logo.png
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 ハンプトン・ファンチャー
マイケル・グリーン
原案 ハンプトン・ファンチャー
原作 キャラクター創造
フィリップ・K・ディック
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
製作 アンドリュー・A・コソーヴ
ブロデリック・ジョンソン英語版
バッド・ヨーキン
シンシア・サイクス・ヨーキン英語版
製作総指揮 リドリー・スコット
ティム・ギャンブル
フランク・ギストラ
イェール・バディック
ヴァル・ヒル
ビル・カラッロ
出演者 ライアン・ゴズリング
ハリソン・フォード
アナ・デ・アルマス
シルヴィア・フークス
ロビン・ライト
マッケンジー・デイヴィス
カーラ・ジュリ英語版
レニー・ジェームズ
デイヴ・バウティスタ
ジャレッド・レト
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ英語版
ハンス・ジマー
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ジョー・ウォーカー
製作会社 アルコン・エンターテインメント
コロンビア映画
スコット・フリー・プロダクションズ英語版
トリドン・フィルムズ
16:14 エンターテインメント
サンダーバード・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 世界の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年10月6日[1]
日本の旗 2017年10月27日
上映時間 163分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[3]
興行収入 $258,234,274[3]世界の旗
$91,513,281 [3]アメリカ合衆国の旗
12億円[4] 日本の旗
前作 ブレードランナー


ブレードランナー 2049:ストーリー】※ウィキペディアより引用

2049年、地球の異常気象と生態系崩壊は更に進行していた。ロサンゼルスは海面上昇で沿岸部が多く失われ、内陸に後退した市街地は巨大な防波堤に囲まれ、6月でも雪が降っていた。LAPDの「ブレードランナー」として旧型のレプリカントを「解任(抹殺)」する職務に就くネクサス9型レプリカントのKは、人間や同輩のレプリカントからも蔑まれ、ウォレス社製の家庭用AIであるジョイのホログラムを恋人として過ごす孤独な日々を送っていた。ある日、Kはロサンゼルス郊外で合成農場を営んでいた逃亡レプリカントのサッパー・モートンを「解任」するが、その庭にある枯木の根元深くより箱を発見する。中身は遺骨で、検死の結果帝王切開の合併症で約30年前に死亡した女性であった。しかし、遺骨を更に詳しく調べたところ製造番号が刻まれており、レプリカントであることが判明する。

レプリカントの出産は前代未聞であり、Kの上司であるジョシ警部補は、事実公表によって起きるであろう社会混乱を憂慮し、彼に事件の痕跡をすべて消すようにと命令する。Kはウォレス社を訪ね、過去の記録から遺骨は2019年に逃亡したレプリカントのレイチェルであること、逃亡直前にLAPDの元ブレードランナー、リック・デッカードと恋愛関係にあったことを知る。ウォレスは、タイレル博士が確立していたレプリカントの生殖技術を以前より欲しており、片腕であるレプリカントのラヴにレイチェルの子供を見つけ連れて来るよう命令する。

Kはデッカードを知る数少ない人物であるガフのもとを訪ね、デッカードの行方を訊くも手がかりを得られない。モートンの農場に戻りもう一度調べると、根に彫られた「6-10-21」数字の刻印、レイチェルの子供のものと思われる靴下、赤子を抱いた女性の写真などを発見する。数字はKの情緒安定用の疑似記憶にある木彫りの馬の玩具(木馬)に彫られた数字と同じであった。一方ラヴはLAPDに忍び込み、レイチェルの遺骨を盗み出す。ジョシは追跡者と子供の存在から事態の切迫を確信し、KにDNA記録を調査して即時報告するように命じる。

Kは2021年6月10日生まれの出生記録・DNA記録を調査し、同一のDNAを持つ男女の2名の記録を発見、女児は病死し男児だけが生きていること、2名とも同じ孤児施設に在籍していたことを知る。ラヴの影からの支援を受けつつ、Kはロサンゼルス郊外の孤児施設に向かい、調査の過程で現実に木馬を見つけ出す。ジョイはKが「製造された」のではなく「生まれてきた」証拠だと喜び、彼に「ジョー」という名を贈る。Kは高名なレプリカント用記憶作家のアナ・ステリン博士を訪ね、自身の記憶の真贋鑑定を依頼する。彼女は本物の誰かの記憶であると回答、Kは激情を露わにする。ジョシに連れ戻されたKは正常性試験を受けるが失格となる。「出自を知らずにレプリカントとして働いていた対象の子供を見つけ、すべて処分した」というKの嘘の報告をうけたジョシは安堵し、Kを48時間の停職処分とした上で、改めて再試験する旨を伝えて家へ帰す。

Kは逃亡の決意を固める。ジョイは彼に同行することを決意し、モバイル端末のエマネーターに自身のデータ全体を移植し、部屋のバックアップを削除すること、追跡を断つためにエマネーターのアンテナも折ることをKに願う。木馬の分析により材料の産地が判明し、Kは廃墟となっているラスベガスに赴き、隠遁していたデッカードを発見する。彼は妊娠したレイチェルをある「仲間」に委ね、各種記録を改竄する方法を仲間に教えたこと、子供とは一切他人として過ごしてきたことなどをKに打ち明ける。

エマネーターの反応喪失によってKの逃亡を悟ったラヴは、ジョシのオフィスに押し入る。情報提供を拒み、レプリカントの子は死んだと宣告するジョシを殺害したラヴは、オフィスの端末からKの所在を特定する。ラヴ率いるウォレス社の一隊はラスベガスへ急行し、デッカードを誘拐する。Kは抵抗するがラヴに叩きのめされ、エマネーターも破壊され、ジョイは消滅してしまう。

Kはデッカードの仲間を名乗るフレイザ率いる「レプリカント解放運動」によって救助される。Kに仲間に加わるよう誘うフレイザは、レイチェルの子は男児ではなく、女児であることを明かす。Kはステリン博士がその娘であり、彼女の記憶が自身に埋め込まれていたのだと悟る。フレイザは解放運動メンバーと女児の秘密を守るため、デッカードの殺害をKに依頼する。一方、ウォレスはデッカードに子供を隠した仲間について詰問し、遺骨から再生したレイチェルを見せて誘惑するが、拒絶される。ウォレスはデッカードを地球外植民地(オフワールド)で拷問にかけることに決める。

ラヴはデッカードを拘束して空港に向かうが、途上でKの急襲を受ける。彼は死闘の末にラヴを殺し、デッカードの死も偽装して彼をステリンの所へ連れて行く。デッカードを見送った後、Kは負った深傷を確認し、降り続く雪を眺めながら瞼を閉じた。


【ブレードランナー 2049:キャスト】※ウィキペディアより引用

※括弧内は日本語吹替

 

K

演 - ライアン・ゴズリング(加瀬康之)

本作の主人公。LAPDにてブレードランナーを務めるネクサス9型レプリカント。形式番号はKD6-3.7。同僚からは「人間もどき(スキン・ジョブ)」と蔑まれている。

リック・デッカード(Rick Deckard)

演 - ハリソン・フォード(磯部勉)

前作の主人公。2019年にタイレル社製レプリカントのレイチェルと共に消息不明となったブレードランナー。

ジョイ(Joi)

演 - アナ・デ・アルマス(小林沙苗)

本作のヒロイン。ウォレス社製のAI搭載ホームオートメーションシステム。Kの良き理解者であり、恋人以上の存在。

ラヴ(Luv)

演 - シルヴィア・フークス(志田有彩)

ウォレスの代理人としてウォレス社の運営を取り仕切っているネクサス9型レプリカント。高い知性と戦闘力を備えている。

ジョシ警部補(Lieutenant Joshi)

演 - ロビン・ライト(深見梨加)

LAPD特捜班の司令であり、Kの直属の上司。レプリカントの出産にまつわるすべての痕跡の抹消をKに命じる。

マリエット(Mariette)

演 - マッケンジー・デイヴィス(行成とあ)

ビビのバーでたむろする娼婦のひとり。フレイザの依頼でKに近づく。

アナ・ステリン博士(Dr.Ana Stelline)

演 - カーラ・ジュリ(英語版)(恒松あゆみ)

ステリン研究所所長。最高の記憶創造者。免疫不全のため、8歳の頃からガラス張りの気密室の中で生活している。

ミスター・コットン(Mister Cotton)

演 - レニー・ジェームズ(辻親八)

旧サンディエゴの廃棄物処理場「トラッシュ・メサ」にある超大型孤児院の経営者。

サッパー・モートン(Sapper Morton)

演 - デイヴ・バウティスタ(木村雅史)

ネクサス8型レプリカント。カリフォルニアの農場に農夫として身を潜めていた。

ニアンダー・ウォレス(Niander Wallace)

演 - ジャレッド・レト(桐本拓哉)

ウォレス社代表。盲目の科学者で、遺伝子組み換え食物の開発によって世界規模の食糧危機を終結させた。ネクサス9型レプリカントの開発者。

ガフ(Gaff)

演 - エドワード・ジェームズ・オルモス(佳月大人)

デッカードのかつての同僚。老人ホームで暮らしている。折り紙を折る手癖は健在。

ドク・バッジャー(Doc Badger)

演 - バーカッド・アブディ

ブラックマーケットに店を構える、「シティスピーク(Cityspeak)」を話すフィクサー。

フレイザ(Freysa)

演 - ヒアム・アッバス(藤生聖子)

ネクサス8型レプリカントで構成されるレジスタントの女性リーダー。

ココ(Coco)

演 - デヴィッド・ダストマルチャン(上田燿司)

LAPDの捜査官。

ナンデス(Nandez)

演 - ウッド・ハリス(白熊寛嗣)

LAPDの捜査官。

ファイル係(File Clerk)

演 - トーマス・レマルキス(中村章吾)

ウォレス社の記録保管所管理人。幼少期に「大停電」を経験している。

レプリカント(Replicant)

演 - サリー・ハームセン(英語版)

最新型レプリカントの試作モデル。ウォレスの望む生殖能力を備えておらず、即座に処分される。

レイチェル(Rachael)

演 - ローレン・ペタ、ショーン・ヤング(アーカイバル・フッテージ)(岡寛恵)

前作のヒロイン。ウォレス社が製造した2019年にデッカードと共に消息不明となっていたタイレル社製女性レプリカントの模倣体。なお、レイチェルの姿をしたレプリカントが登場するシーンにおいては、ローレン・ペタが代役を演じ、撮影後にCGで作り上げた頭部を合成している。撮影現場にはショーン・ヤング本人がアドバイザーとして参加、モーションキャプチャーの作成にも協力している[6]。



【ブレードランナー 2049:年表】
2019年(『ブレードランナー』)
タイレル社社長エルドン・タイレルが「ネクサス6型」レプリカント、ロイ・バッティに殺害される。
ブレードランナーのリック・デッカードがレプリカントのレイチェルと共にロサンゼルスから逃亡。
2020年
多くの反乱を起こした「ネクサス6型」レプリカント達は寿命年限を迎え死滅。
タイレル社は年限を設定していない「ネクサス8型」を市場に投入したが、人間至上主義運動が興った結果、レプリカントと見なされた者が私刑のうえ虐殺される事件が相次ぐ。
2022年(『ブレードランナー ブラックアウト2022』)
アメリカ西海岸で何者かにより高高度核爆発が引き起こされ、EMPのために電気通信インフラとあらゆる電磁気記録が破壊される「大停電」が発生。都市機能は大打撃を受ける。
2023年
「大停電」はレプリカントの仕業ではないかという世論に後押しされ、レプリカントは法律で無期限に製造禁止となり、タイレル社は倒産する。
2025年
科学者ニアンダー・ウォレスが遺伝子工学を応用した合成食料の技術を無償公開、合成農場が多数建設され深刻化した環境破壊による世界的な食糧危機が解決に向かう。
2028年
ウォレスが旧タイレル社の資産を手に入れる。
2036年(『2036: ネクサス・ドーン』)
より従順で寿命制御も可能な「ネクサス9型」の開発を進めたウォレスは、政治家に働きかけてレプリカント禁止法を廃止させる。
2040年台初頭
違法レプリカントである「ネクサス8型」の解任の為、LAPDはブレードランナーの組織を強化する。
2048年(『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』)
ビビのバーにて発生したトラブルにより、「ネクサス8型」レプリカント、サッパー・モートンの所在が明らかになる。
2049年
ブレードランナーKにより、2019年より行方不明となっていたレイチェルの遺骨が発見される。



【ブレードランナー 2049:受賞記録
ブレードランナー2049



【ブレードランナー 2049:おすすめポイント】
1.K役ライアン・ゴズリングとリック・デッカード(Rick Deckard)役ハリソン・フォードとの絡みとセリフが素晴らしい!!!
2.K役ライアン・ゴズリングとジョイ(Joi)役アナ・デ・アルマスとの恋人以上の関係も最高!!
3.1作目ほどじゃないが、独特の世界観と映像がいいなぁ!


ブレードランナー 2049:名言名セリフ→発した俳優とその場面】
最高の記録は彼女のだった
→K役ライアン・ゴズリングがリック・デッカード(Rick Deckard)役ハリソン・フォードに対し、実の娘であるステリン博士の研究所入り口階段そばで発した名言名セリフ

 



ブレードランナー 2049:Youtube情報】     



ブレードランナー 2049:個人評価=★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ブレードランナー 2049:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画レビューランキング