映画名セリフ人気ランキングTOP10

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングTOP10を紹介しています!

ブレードランナー:雨の中の涙のように死ぬ時が来た【洋画名言名セリフ】

映画「ブレードランナー」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916170852p:plain




 
ブレードランナー:ウィキペディア情報 

ブレードランナー
Blade Runner
Blade runner logo red.jpg
監督 リドリー・スコット
脚本 ハンプトン・ファンチャー
デヴィッド・ピープルズ
原作 フィリップ・K・ディック
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
製作 マイケル・ディーリー英語版
チャールズ・デ・ロージリカ(ファイナル・カット)
製作総指揮 ブライアン・ケリー
ハンプトン・ファンチャー
ジェリー・ペレンチオ英語版
バッド・ヨーキン
邵逸夫(クレジットなし)
出演者 ハリソン・フォード
ルトガー・ハウアー
ショーン・ヤング
エドワード・ジェームズ・オルモス
音楽 ヴァンゲリス
撮影 ジョーダン・クローネンウェス
編集 テリー・ローリングス
マーシャ・ナカシマ
製作会社 アメリカ合衆国の旗ラッド・カンパニー英語版
香港の旗ショウ・ブラザーズ
ブレードランナー・パートナーシップ
配給 アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年6月25日
日本の旗 1982年7月3日
上映時間 116分(劇場公開版、ディレクターズ・カット)
117分(ファイナル・カット)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000
興行収入 $32,868,943[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 ブレードランナー 2049



ブレードランナー:ストーリー】※ウィキペディアより引用

21世紀初頭、タイレル社は遺伝子工学技術の進歩により、レプリカントと呼ばれる人造人間を発明した。彼らは優れた体力に、創造した科学者と同等の高い知性を持っていた。

 

環境破壊により人類の大半は宇宙の植民地(オフワールド)に移住し、レプリカントは宇宙開拓の前線で過酷な奴隷労働や戦闘に従事していた。しかし、彼らには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻す事件が発生する。そのため、最新の「ネクサス6型」には、安全装置として4年の寿命年限が与えられたが、脱走し人間社会に紛れ込もうとするレプリカントが後を絶たなかった。彼らを判別し見つけ出した上で「解任(射殺)」する任務を負うのが、警察の専任捜査官「ブレードランナー」であった。

 

2019年11月のロサンゼルス。地球に残った人々は酸性雨の降りしきる、高層ビル群が立ち並んだ人口過密の大都市での生活を強いられていた。ネクサス6型レプリカントの一団がオフワールドで反乱を起こし、人間を殺害して逃走、シャトルを奪い密かに地球に帰還した。タイレル社に入り込んで身分を書き換え、潜伏したレプリカントの男女4名(ロイ・バッティ、リオン、ゾーラ、プリス)を見つけ出すため、ロサンゼルス市警のブレードランナーであるホールデンが捜査にあたっていたが、リオンの反撃にあい負傷する。上司であるブライアントはガフを使いに出し、既にブレードランナーを退職していたリック・デッカードを呼び戻す。彼は情報を得るためレプリカントの開発者であるタイレル博士と面会し、彼の秘書であるレイチェルもまたレプリカントであることを見抜く。レイチェルはデッカードの自宅アパートに押しかけ問いただした結果、人間だと思っていた自分の記憶が作られたものだと知り、自己認識が揺さぶられ涙を流して飛び出してしまう。そんな彼女にデッカードは惹かれていく。

 

デッカードは、リオンが潜んでいたアパートの証拠物から足跡をたどり、歓楽街のバーで踊り子に扮していたゾーラを発見、追跡の末に射殺する。現場にブライアントとガフが訪れ、レイチェルがタイレル博士のもとを脱走したことを告げ、彼女も「解任」するよう命令される。その直後リオンに襲われるが、駆けつけたレイチェルが射殺した事でデッカードは命拾いする。彼はレイチェルを自宅へ招き、彼女が自分のことも「解任」するのか問うと「自分はやらないが、他の誰かがやる」と告げる。そして未経験の感情に脅えるレイチェルにキスし、熱く抱擁する。一方反逆レプリカントのリーダーであるバッティは眼球技師のチュウを脅して掴んだ情報をもとに、プリスを通じてタイレル社の技師J・F・セバスチャンに近づき、さらに彼を仲介役にして、本社ビル最上階に住むタイレル博士と対面する。バッティは地球潜入の目的である、自分たちの残り少ない寿命を伸ばすよう依頼するが、博士は技術的に不可能であり、限られた命を全うしろと告げる。絶望したバッティは博士の眼を潰して殺し、セバスチャンをも殺して姿を消す。

 

タイレル博士とセバスチャン殺害の報を聞いたデッカードは、セバスチャンの高層アパートへ踏み込み、部屋に潜んでいたプリスを格闘の末に射殺。そこへ戻ってきたバッティと最後の対決に臨む。優れた戦闘能力を持つバッティに追い立てられ、デッカードはアパートの屋上へ逃れ、隣のビルへ飛び移ろうとして転落寸前となる。しかし、寿命の到来を悟ったバッティは突如デッカードを救い上げ、最期の言葉を述べた後、穏やかな笑みを浮かべながら事切れた。現場に現れたガフが「彼女も残念だ、もう生きられんとは」と告げ、デッカードはレイチェルにも同じ運命が待っているのではないかと慌てて自宅へ戻るが、彼女は生きていた。お互いの愛を確認するとレイチェルを連れ出し、逃避行へと旅立った。



【ブレードランナー:キャスト】※ウィキペディアより引用

リック・デッカード(Rick Deckard)
演 - ハリソン・フォード
本作の主人公。「殺し屋」としての仕事に疲れ果て、ブレードランナーを退職していたが、捜査のため強制的に復職させられる。
ロイ・バッティ(Roy Batty)[注釈 1]
演 - ルトガー・ハウアー
反逆レプリカントのリーダー。戦闘用レプリカント。製造番号:N6MMA10816。
レイチェル(Rachael)
演 - ショーン・ヤング
本作のヒロイン。タイレル博士の秘書で、彼の姪としての記憶を移植されている。
ガフ(Gaff)
演 - エドワード・ジェームズ・オルモス
ロサンゼルス市警の刑事。「シティスピーク(Cityspeak)」という、日本語やハンガリー語などが混じり合ったクレオール言語を喋る。また折り紙を折る手癖がある。
ハリー・ブライアント(Harry Bryant)
演 - M・エメット・ウォルシュ
ロサンゼルス市警警部。ブレードランナーの統括者で、デッカードを脅すようなかたちで復職させる。レプリカントを「人間もどき(skin-job)」と呼び侮蔑する。
プリス・ストラットン(Pris Stratton)
演 - ダリル・ハンナ
慰安用レプリカント。バッティのパートナーで、彼の計画によりセバスチャンに接触する。製造番号:N6FAB21416。
J・F・セバスチャン(J. F. Sebastian)
演 - ウィリアム・サンダーソン(英語版)
タイレル社の遺伝子工学技師。早老症に侵されており、実年齢に反した外見をしている。自宅アパートで自身が造り出した「ペット」と共に暮らしている。
リオン・コワルスキー(Leon Kowalski)
演 - ブライオン・ジェームズ
労働用レプリカント。元は放射性廃棄物の運搬作業に従事しており、怪力の持ち主。製造番号:N6MAC41717。
エルドン・タイレル博士(Dr. Eldon Tyrell)
演 - ジョー・ターケル
タイレル社社長。レプリカントを生んだ科学者でチェスの名手。
ゾーラ・サロメ(Zhora Salome - )
演 - ジョアンナ・キャシディ
女性レプリカント。暗殺用に再プログラミングされている。ルイスのバーにダンサーとして潜伏していた。製造番号:N6FAB61216。
ハンニバル・チュウ(Hannibal Chew)
演 - ジェームズ・ホン
遺伝子工学者。タイレル社に雇われ、レプリカントの眼球を製作している。
デイヴ・ホールデン(Dave Holden)
演 - モーガン・ポール(英語版)
ブレードランナー。リオンを取り調べ中に銃撃される[注釈 2]。
アブドゥル・ベン・ハッサン(Abdul Ben Hassan)
演 - ベン・アスター
合成動物を販売している商人。ゾーラに合成ヘビを販売した。
カンボジアン・レディー(Canbodian Lady)
演 - キミコ・ヒロシゲ
ロサンゼルスの路上で商売をしている女。鱗の証拠物を調べ、合成ヘビであることをデッカードに伝えた。
タフィー・ルイス(Taffey Lewis)
演 - ハイ・パイク(英語版)
ゾーラが潜伏していたバーの経営者。デッカードの尋問を受け流した。
ハウイー・リー(Howie Lee)
演 - ロバート・オカザキ
下町のスシバーの主人。



【ブレードランナー:受賞記録※ウィキペディアより引用
1983年度ヒューゴー賞 - 最優秀映像作品賞受賞
1983年度英国アカデミー賞 - 撮影賞・衣装デザイン賞・美術賞受賞、編集賞・メイク賞・作曲賞・音響賞・特殊視覚効果賞ノミネート
1983年度ロンドン映画批評家協会賞 - 特別業績賞受賞(ローレンス・G・ポール、ダグラス・トランブル、シド・ミード)
1983年度ロサンゼルス映画批評家協会賞 - 最優秀撮影賞受賞(ジョーダン・クローネンウェス)
1983年度アカデミー賞 - 視覚効果賞・美術賞ノミネート
1982年度イギリス・撮影者協会賞ノミネート
1983年度・1993年度ファンタスポルト映画祭 - ファンタジー作品賞ノミネート
1983年度ゴールデングローブ賞 - 作曲賞ノミネート
1983年度第14回星雲賞 - 映画演劇部門賞受賞


【ブレードランナー:トリビア※ウィキペディアより引用
1.サイバーパンク‥ネオ・ノワール(英語版)を基調とした暗く退廃的な近未来のビジュアルは、公開当初こそ人気を得なかったものの、後発のSF作品に大きな影響を与え、所謂「サイバーパンク」の代表作の一つと見なされている。シド・ミードの美術デザイン、ダグラス・トランブルのVFX、ヴァンゲリスのシンセサイザーを効果的に仕様した音楽も独自の世界観の確立に貢献した。
2.日本語‥作中の風景に日本語が多く描かれている理由は、リドリー・スコットが来日した際に訪れた新宿歌舞伎町の様子をヒントにしたとされている。このことが日本人観客の興味をひくことになり、これらのシーンへのオマージュ・議論が生まれることになった。
3.永久保存‥1993年にアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。
4.第2位‥2007年、視覚効果協会が発表した「視覚効果面で最も影響力がある50本の映画」で第2位にランクインした。2014年、イギリスの情報誌『タイム・アウト(英語版)』ロンドン版にてアルフォンソ・キュアロン、ジョン・カーペンター、ギレルモ・デル・トロ、エドガー・ライトら映画監督、作家のスティーヴン・キング、ほか科学者や評論家150名が選定した「SF映画ベスト100」にて、第2位にランクインした。
5.原作‥『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』とは設定や登場人物、物語の展開、結末などが翻案により大きく異なっており、原作というよりは原案に近い扱いである。
1968年の原作発表後から程なくして、いくつかの映画化交渉が持ち上がったが、いずれも不成立に終わっていた。1975年、ハンプトン・ファンチャーは作者のフィリップ・K・ディックとの交渉を行ったものの成立せず、友人のブライアン・ケリーが交渉にあたり、1977年に承諾を取り付けた。ディック自身は制作会社に映画化権を売った後は関与していないが、ファンチャーが書き上げた草稿に彼は良い返事を出さず、何度も改稿が行われた。撮影開始後も映画の出来を不安視し、ノベライズ版の執筆も断っていたが、2019年のロサンゼルスを描いたVFXシーンのラッシュ試写を観て「まさに私が想像したとおりものだ!」と喜んだという。監督のリドリー・スコットは、就任にあたって全く原作を読んでいなかったが、作品の世界観についてディックと何度も議論を交わしたことで、彼は映画の出来に確信を持つようになり、制作会社に「我々の"SFとは何であるか"という概念にとって革命的な作品となるだろう」と期待の手紙を送っている。本作は『トータル・リコール』や『マイノリティ・リポート』に先立つ、ディック作品の初映画化となったが、本人は完成を待たず1982年3月2日に死去した。



【ブレードランナー:おすすめポイント】
1.ラストシーンまでの残り10分がとにかく素晴らしい!!!
2.リック・デッカード役ハリソン・フォードとレイチェル役ショーン・ヤングの絡みとセリフがいいなぁ!!
3.とにかく最初から最後まで映像が素敵!


ブレードランナー:名言名セリフ】
1.リック・デッカード役ハリソン・フォードの名言名セリフ
 →「殺し屋の求人などない それが仕事だった」
 →「前の女房にスシと呼ばれていた 冷たい男だと」
 →「俺は行かんが誰かが行く
2.ロイ・バッティ役ルトガー・ハウアーの名言名セリフ
 →「おまえたち人間には信じられないようなものを私は見てきた。オリオン座の近くで燃える宇宙戦艦。タンホイザー・ゲートの近くで暗闇に瞬くCビーム、そんな思い出も時間と共にやがて消える。雨の中の涙のように。死ぬ時が来た。」
3.レイチェル役ショーン・ヤングの名言名セリフ
 →「人を廃棄したことは?」
 →「もし私が逃げたら?追ってくる?」


ブレードランナー:Youtube情報】    





ブレードランナー:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ブレードランナー:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング