映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

ドリーム:眼鏡をかけているからよ【洋画名言名セリフ】

映画「ドリーム」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916013449p:plain




ドリーム:ウィキペディア情報

ドリーム
Hidden Figures
監督 セオドア・メルフィ
脚本 アリソン・シュローダー英語版
セオドア・メルフィ
原作 マーゴット・リー・シェッタリー英語版
『Hidden Figures』
製作 ドナ・ジグリオッティ
ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
ファレル・ウィリアムス
セオドア・メルフィ
製作総指揮 ジャマル・ダニエル
ルネー・ウィット
イヴァナ・ロンバルディ
ミミ・ヴァルデス
ケヴィン・ハロラン
出演者 タラジ・P・ヘンソン
オクタヴィア・スペンサー
ジャネール・モネイ
ケヴィン・コスナー
キルスティン・ダンスト
ジム・パーソンズ
音楽 ハンス・ジマー
ファレル・ウィリアムス
ベンジャミン・ウォルフィッシュ英語版
撮影 マンディ・ウォーカー
編集 ピーター・テッシュナー英語版
製作会社 フォックス2000・ピクチャーズ
チャーニン・エンターテインメント
レヴァンティン・フィルムズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗2016年12月25日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗2017年1月6日(拡大公開)
日本の旗2017年9月29日
上映時間 127分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[2]
興行収入 世界の旗$235,568,853[3]
日本の旗 4億6145万円[4]


ドリーム:あらすじ】※ウィキペディアより引用

1961年のバージニア州ハンプトン。アメリカ南部において、依然として白人と有色人種の分離政策が行われていた時代。優秀な黒人女性のキャサリンは、同僚のドロシーとメアリーと共にアメリカ南東部のラングレー研究所で計算手として働いていた。

ソ連の人工衛星打ち上げ成功を受けて、アメリカ国内では有人宇宙船計画へのプレッシャーが強まっていた。そんな中、キャサリンは上司のミッチェルからスペース・タスク・グループ(英語版)での作業を命じられた。図らずも、キャサリンはグループ初の黒人でしかも女性スタッフとなったのだが、劣悪な環境に苦しめられることとなった。

キャサリンに対する同僚の反応は酷いもので、エンジニアを総括するポールに至っては露骨に嫌な顔をし、機密であるとしてキャサリンに黒塗りの資料しか渡さなかった。計算部の代理スーパーバイザーであるドロシーは、事実上の管理職として自身の昇進を願い出ていたが、白人女性のミッチェルに前例がないという理由で断られていた。

また、メアリーは実験用の宇宙カプセルの耐熱壁に欠陥があることに気がついていたが、上司からのエンジニアへ転身する勧めを「女で黒人でエンジニアになることはできない」として諦めかけていた。エンジニアへの転身には、学位が必要だったが、そのためには白人専用の高校に通わねばならなかった。

ついに「マーキュリー・セブン」がラングレーに異動してくる。黒人たちは彼らに接触できないよう、歓迎の場も分けられていたが、ジョン・グレンは彼女たちに親しく接し、感謝を述べた。

キャサリンは黒塗りの資料にも関わらず、正確な解答を導き出し、やがて上司であるハリソンも彼女の能力を認める。メアリーはついに裁判所に訴えを起こし、通学の権利を勝ち取る。そしてドロシーは、最新型コンピューターIBMの導入を見、計算手が解雇されることを見越して、自らコンピューター工学を学び、黒人女性計算手達に教える。

ソ連との宇宙開発競争の中、ついに1961年4月12日、ソ連のガガーリン少佐はボストーク1号で有人宇宙飛行に成功する。マーキュリー計画の続行も危ぶまれるが、5月15日、ジョン・F・ケネディ大統領は月面着陸を目指すと表明する。計画の続行に関係者は安堵するが、スペース・タスク・グループの仕事も多忙を極めていく。

そんなある日、キャサリンが席を外したことをハリソンは叱責する。キャサリンは、自分が800m離れた有色人種用トイレに共用自転車を使えず徒歩で往復しなければならないこと、職場の服装規則である真珠のネックレスを買えるほどの給与を得ている黒人女性がいないこと、珈琲ポットさえも人種分けされ、のけ者にされていることを逆に大声で訴える。せめて日に数度、席を外すことは許して欲しいと。ハリソンは程なく、「有色人種用」のコーヒポットや看板を無くし、NASAから人種差別を撤廃させようとする。

キャサリンは、やがて重要な会議にも出席し、席上で見事な計算をして落下位置を予測してみせ、その能力でグレン達宇宙飛行士の信頼を勝ち取る。そしてジムと再婚し、ハリソンから真珠のネックレスを贈られる。一方、ドロシーは予想通り、コンピューター技術者として引き抜かれるが、他の女性計算手も一緒でなければ応じないと強硬姿勢を見せる。しかし彼女達しかIBMを使いこなせず、その要求は認められただけでなく、白人女性たちも彼女に教えを請いに来た。メアリーの通学に反対していた夫も、やがて彼女の努力を認め応援するようになる。

1962年2月20日、ついにアメリカはマーキュリー・アトラス6号打ち上げの日を迎える。グレンはコンピューターの計算に不安を感じ、キャサリンの検算を要求する。検算の結果、無事に打ち上げられ、落下位置も計算通りだった。

エピローグで、ドロシー、メアリー、そしてキャサリンのその後の活躍が紹介される。
 


【ドリーム:キャスト】※ウィキペディアより引用

※括弧内は日本語吹替

 

キャサリン・ゴーブル・ジョンソン(英語版) - タラジ・P・ヘンソン(浅野まゆみ)

ドロシー・ヴォーン(英語版) - オクタヴィア・スペンサー(斎藤こず恵)

メアリー・ジャクソン(英語版) - ジャネール・モネイ(武田華)

アル・ハリソン - ケヴィン・コスナー(仲野裕): STGの責任者

ヴィヴィアン・ミッチェル - キルスティン・ダンスト(園崎未恵): スーパーヴァイザー

ポール・スタッフォード - ジム・パーソンズ(村治学): STGのヘッド・エンジニア

ジョン・グレン - グレン・パウエル(英語版): 宇宙飛行士

ジム・ジョンソン - マハーシャラ・アリ(江川央生): キャサリンの再婚相手で軍人(州兵)

若い頃のジョイレット・コールマン - カラン・ケンドリック

ジョイレット・コールマン - ドナ・ビスコー: キャサリンの母親

白人司書 - ローダ・グリフィス

ミズ・サマー - マリア・ハウエル(英語版)

レヴィ・ジャクソン - オルディス・ホッジ

ユーニス・スミス - ペイジ・ニコレット

記者会見のレポーター - ゲイリー・ウィークス(英語版)

コンスタンス・ジョンソン - サニーヤ・シドニー(英語版)

キャシー・ジョンソン - ザニ・ジョーンズ・ムバイス

ルース - キンバリー・クイン(英語版)(きそひろこ)

カール・ジーリンスキー - オレク・クルパ: エンジニア



【ドリーム:史実との相違点】
本作は1961年のNASAを舞台にした作品であり、当時のNASAに白人用の設備と黒人用の設備が存在したかのように描かれている。しかし、1958年にアメリカ航空諮問委員会(NACA)がアメリカ航空宇宙局に改組された際、そうした差別的な設備は取り払われた。また、劇中のドロシー・ヴォーンは昇進願いを却下されているが、実際のヴォーンは1949年の段階でスーパーヴァイザーに昇進している。

劇中でメアリー・ジャクソンは工学の学位を得ようと奮闘する女性として描かれているが、実際のジャクソンは1958年の段階で工学の学位を修得し、エンジニアの職を得ている。また、劇中でキャサリン・ジョンソンは1961年にNASAに配属されたことになっているが、実際のジャクソンは1953年の段階でNASAの前身であるNACAに配属されている。

劇中では、アル・ハリソンがTSGの責任者であったとされているが、実際のTSGの責任者はロバート・R・ギルラス(英語版)であった。これは複雑な人間関係を分かりやすくするための処置であった。ヴィヴィアン・ミッチェルとポール・スタフォードは実在の人物ではなく、当時のスタッフの行動及び価値観を分かりやすい形で反映したキャラクターとなっている。なお、カール・ジーリンスキーはメアリー・ジャクソンのメンターであったカジミェシュ・クザルネッキをモデルにした人物である。

ジョン・ハーシェル・グレンがジョンソンにIBMの計算が正しいかどうか確かめて欲しいと依頼するシーンがあるが、現実のジョンソンはそのシーンの数日前から検算に取り組んでいた。



【ドリーム:受賞記録】
第23回全米映画俳優組合賞 キャスト賞。
第60回(2017年度)ブルーリボン賞 外国作品賞
 

【ドリーム:おすすめポイント】
1.キャサリン・ゴーブル・ジョンソン役タラジ・P・ヘンソンが孤軍奮闘する姿が感動!!!
2.仲間二人もコツコツ頑張って夢を掴むまでの生き方が感動もの!!
3.こんな時代がアメリカにもあったことを知るべき大事な映画!


ドリーム:名言名セリフ→発した俳優とその場面】
・「NASAで女性を雇っている理由は職場の花だからじゃない、眼鏡をかけてるからよ」
→キャサリン・ゴーブル・ジョンソン役タラジ・P・ヘンソンが再婚相手になるジム・ジョンソン - マハーシャラ・アリに対し、初めてお互いが会った時に発した名言名セリフ

 


ドリーム:Youtube情報】     



ドリーム:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ドリーム:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画レビューランキング