映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

ダンケルク:我々が助けねば 残された仲間を【洋画名言名セリフ】

映画「ダンケルク」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916105323p:plain




ダンケルク:ウィキペディア情報

ダンケルク
Dunkirk
Dunkirk Logo.png
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
製作
製作総指揮
  • ジェイク・マイヤーズ
  • グレッグ・シルバーマン
出演者 フィン・ホワイトヘッド
トム・グリン=カーニー
ジャック・ロウデン
ハリー・スタイルズ
アナイリン・バーナード
ジェームズ・ダーシー
バリー・コーガン
ケネス・ブラナー
キリアン・マーフィー
マーク・ライランス
トム・ハーディ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集 リー・スミス
製作会社 シンコピー・フィルムズ[1]
配給 ワーナー・ブラザース[2]
公開 フランスの旗 2017年7月19日
オランダの旗 2017年7月20日
イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 2017年7月21日
日本の旗 2017年9月9日
上映時間 106分[3]
製作国
言語 英語
製作費 $100,000,000[4][5]
興行収入 世界の旗$524,841,294 [5]
アメリカ合衆国の旗$187,941,294[5]
日本の旗16.4億円[6]


ダンケルク:概要】※ウィキペディアより引用

ノーランは空、陸、海の3つの視点で語られる物語を執筆した。台本に台詞はほとんど存在せずにディテールのみでサスペンスが描かれる。撮影は2016年5月よりフランスのダンケルクで行われ、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマによりIMAX65mm及び65mmラージ・フォーマットが用いられた。北米では2017年7月21日、日本では同年9月9日にIMAXほかで封切られた。



ダンケルク:ストーリー】※ウィキペディアより引用

第二次世界大戦初期の1940年5月26日から6月4日。イギリス、ベルギー、カナダ、フランスから成る連合軍将兵は、フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され、ダイナモ作戦による撤退を余儀なくされていた。

英国陸軍の兵士であるトミー二等兵はダンケルクの街で、自身の分隊がドイツ軍の銃撃で自分以外全滅し、武器も失った状態で一人、撤退作戦中のダンケルクの砂浜にやってくる。友軍の兵士を砂浜に埋葬していたギブソンという無口な兵士と偶然出会い、行動を共にすることになる。

一方、ダイナモ作戦による民間船徴用で、自身の小型船の徴用命令を国より受けたドーソンは、息子のピーターと、ピーターの知り合いであるジョージと共に、英国兵士たちを母国に運ぶため、ダンケルクに向けて出港する。

そして、英国空軍のパイロットであるファリアとコリンズらの小隊は、スーパーマリーン スピットファイア戦闘機を駆り、ダンケルクでの撤退行動を阻害するドイツ空軍への阻止攻撃に赴く。

トミー達は、ドイツ軍の攻撃にさらされ、幾度となく乗っている船を撃沈されながらも、母国に帰るべくわずかな数の救助船に乗ろうと奮闘する。

物語はトミーらが敵から逃げ救援を待つ『陸』の一週間、ドーソンらが民間船として救援に向かう『海』の一日、そして陸の兵士に襲い来るドイツ軍の戦闘機を迎撃するファリアら『空』の一時間の三幕をそれぞれ時間を並行させながら進行していく。『陸』の一週間の最後の一日からは『海』と、そしてその2つの最後の一時間は『空』とクロスしていく。



【ダンケルク:キャスト】※ウィキペディアより引用

 

※括弧内は日本語吹替

トミー - フィン・ホワイトヘッド(小野賢章): 英国陸軍二等兵。

ピーター - トム・グリン=カーニー(布施川一寛): ミスター・ドーソンの息子。

コリンズ - ジャック・ロウデン(近藤隆): 英国空軍。スピットファイアのパイロット。

アレックス - ハリー・スタイルズ(増田俊樹): 英国陸軍「高地連隊」の二等兵。

ギブソン - アナイリン・バーナード: トミーと行動を共にする無口な兵士。

ウィナント陸軍大佐 - ジェームズ・ダーシー(山岸治雄): ボルトンと共に作戦を見守る陸軍将校。

ジョージ - バリー・コーガン(新祐樹): ミスター・ドーソンに同行する青年。

ボルトン海軍中佐 - ケネス・ブラナー(谷昌樹): 防波堤で撤退作戦の指揮を執る海軍将校。

謎の英国兵 - キリアン・マーフィー(内田夕夜): ミスター・ドーソンに救出された英国兵。

ミスター・ドーソン - マーク・ライランス(原康義): 小型船の船長。ピーターの父親。

ファリア - トム・ハーディ(宮内敦士): 英国空軍。スピットファイアのパイロット。

隊長の声 - マイケル・ケイン(クレジットなし): 英国空軍。スピットファイアのパイロット。ファリアとコリンズの隊の指揮官。



【ダンケルク:歴史考証】※ウィキペディアより引用

大まかには実際の歴史に基づいているが、キャラクターやストーリーはフィクションである。

 

映画でケネス・ブラナーが演じたボルトン海軍中佐は、実在したJames Campbell Cloustonの行動に部分的に基づく合成キャラクターである。

ビーチシーンが撮影された時は、史実の避難時よりも天気が悪かった。ノーランは、これにより遊覧船が直面する危険を観客が理解するのに役立つと説明している[80]。

ある場面では、将校が軍用ベレー帽を着用せずに敬意を表すシーンがあるが、退役軍人が「不正確な礼儀作法」として指摘している。

映画でのドイツ側戦闘機は、区別しやすくするために黄色で機首を塗っていたが、実際にはこれはダンケルク大撤退の1ヶ月後まで行われていなかった。

フランスおよび、アフリカとインド出身のイギリス軍の兵士の関与は、映画の中で制限されていたか、無視されていた。

現代の町並みのショットが航空写真として使用されたが、史実では避難の時まで町は実質的に荒廃していた。

また、イギリス軍の将校は当初、フランス陣営との対立によりフランス軍兵士を避難させることを拒否したが、後にチャーチルはイギリス人と共にフランス人を避難させることを主張した。



【ダンケルク:受賞記録】
第90回アカデミー賞において、録音賞・音響編集賞・編集賞の3部門受賞


【ダンケルク:おすすめポイント】

1.陸・海・空の同時進行映像シーンがめちゃくちゃ最高!!!
2.セリフがここまで無いのは逆に凄すぎる!!
3.個人的には「スーパーマリーン スピットファイア戦闘機」がいいなぁ!


ダンケルク:名言名セリフ】
1.アレックス役ハリー・スタイルズの名言名セリフ
 →「祖国を」
2.ウィナント陸軍大佐役ジェームズ・ダーシーの名言名セリフ
 →「ここには英仏40万の兵が」
 →「もう一度見せてやりたい」
3.ミスター・ドーソン役マーク・ライランスの名言名セリフ
 →「我々が助けねば 残された仲間を」


ダンケルク:Youtube情報】     





ダンケルク:個人評価=★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


ダンケルク:購入するなら


【本レビューが気に入ったら、応援クリック願います】
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画レビューランキング