映画名セリフ人気ランキング

映画のレビュー(名セリフとそのシーン)と映画名セリフ人気ランキングベスト10を紹介しています!

カサブランカ:君の瞳に乾杯=この瞬間を永遠に【洋画名言名セリフ】

「カサブランカ」を観ましたので、レビューします!

f:id:review-movie:20180916220748p:plain





カサブランカ:ウィキペディア情報

カサブランカ
Casablanca
Casablanca, title.JPG
タイトル
監督 マイケル・カーティス
脚本 ハワード・コッチ
ジュリアス・J・エプスタイン
フィリップ・G・エプスタイン
製作 ハル・B・ウォリス
製作総指揮 ジャック・L・ワーナー
出演者 ハンフリー・ボガート
イングリッド・バーグマン
音楽 マックス・スタイナー
撮影 アーサー・エディソン
編集 オーウェン・マークス
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年11月26日
日本の旗 1946年6月20日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $950,000



カサブランカ:ストーリー】※ウィキペディアより引用

1941年12月、親ドイツのヴィシー政権の管理下に置かれたフランス領モロッコの都市カサブランカ。ドイツの侵略によるヨーロッパの戦災を逃れた人の多くは、中立国のポルトガル経由でアメリカへの亡命を図ろうとしていた。

アメリカ人男性のリック(ハンフリー・ボガート)は、パリが陥落する前に理由を告げずに去った恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)と、彼が経営する酒場「カフェ・アメリカン」で偶然の再会を果たす。パリの思い出である『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』が切なく流れる。

イルザが店を去って再び過去の痛みに苦しむリック。

イルザの夫で、現在はドイツに併合されたチェコスロバキア人のドイツ抵抗運動の指導者ヴィクトル・ラズロ(ポール・ヘンリード)は現地のオルグと接触、脱出のチャンスをうかがっていた。フランス植民地警察のルノー署長(クロード・レインズ)は計算高い男だが、流れに逆らうように異郷で生きるリックにシンパシーを感じ、かつてスペインのレジスタンスに協力したリックに、ラズロには関わるなと釘を指す。現地司令官であるドイツ空軍のシュトラッサー少佐は、ラズロを市内に閉じ込める。

イルザは、夫を助けられるのは闇屋のウーガーテ(ピーター・ローレ)からヴィシー政権の発行した通行証を譲り受けたリックしかいないと、必死に協力をお願いする。そして通行証を渡そうとしないリックに銃口さえ向ける。しかし引き金を引くことが出来ないイルザ。2人はお互いの愛情を確かめ合う。

リックは、ラズロとイルザが通行証を欲しがっている事実をルノー署長に打ち明け、現場でラズロを逮捕するようにと耳打ちする。手柄を立てるために、約束の閉店後の店にやってきたルノーだが、リックの本心は、2人を亡命させるためにルノーを空港まで車に同乗させて監視の目を欺く点にあった。シュトラッサーを射ち殺してでも彼女を守ろうとするリックは、過去の痛みに耐えていた彼ではなかった。

愛を失っても大義を守ろうとしたリックを前にして、実はレジスタンスの支援者であったルノーは、自由フランスの支配地域であるフランス領赤道アフリカのブラザヴィルへ逃げるように勧めて、見逃すことにする。

2人と連合国の未来に希望を持たせながら、彼らは宵闇の中へ消えていく。


【カサブランカ:キャスト】※ウィキペディアより引用
リック・ブレイン:ハンフリー・ボガート
イルザ・ラント:イングリッド・バーグマン
ヴィクトル・ラズロ:ポール・ヘンリード
ルノー署長:クロード・レインズ
シュトラッサー少佐:コンラート・ファイト
フェラーリ:シドニー・グリーンストリート
ウーガーテ:ピーター・ローレ
サム:ドーリー・ウィルソン
カール(ウェイター):S・Z・サコール
サッシャ(バーテンダー):レオニード・キンスキー
イヴォンヌ:マデリーン・ルボー
アニーナ・ブランデル:ジョイ・ペイジ
エミール(ディラー):マルセル・ダリオ
オランダ人の銀行家:トーベン・マイヤー
リックにカジノ入りを拒否されるドイツ人バンカー:グレゴリー・ゲイ
ギターを持って歌う女性歌手:コリンナ・ムラ
アメリカ人:モンテ・ブルー
ウェイター:レオ・ホワイト


【カサブランカ:受賞記録】
1943年 第16回 アカデミー賞 作品賞
1943年 第16回 アカデミー賞 脚色賞
1943年 第16回 アカデミー賞 監督賞


【カサブランカ:おすすめポイント】
1.アメリカ映画100年シリーズ アメリカ映画の名セリフ100(※)より6つも選ばれている!
2.イルザ・ラント役のイングリッド・バーグマンが美しすぎて、超かわいい!!
3.最初から最後まで映像が素敵!
4.最後の場面(シーン)はヤバすぎる!!!


カサブランカ:名セリフ
1.リック・ブレイン役のハンフリー・ボガートの名セリフ
 →「君の瞳に乾杯!=この瞬間を永遠に!(Here's looking at you, kid.)」※第5位
 →「ルイ、これが美しい友情の始まりだな(Louis, I think this is the beginning of a beautiful friendship.)」※第20位
 →「君と幸せだったパリの思い出があるさ(We'll always have Paris.)」※第43位
 →「世界に星の数ほど店はあるのに彼女はおれの店に(Of all the gin joints in all the towns in all the world, she walks into mine.)」※第67位
 →「そんな昔のことは覚えていない(That's so long ago. I don't remember.)」
 →「そんな先のことは分からない(I never make plants that for ahead. )」
2.イルザ・ラント役イングリッド・バーグマンの名セリフ
 →「あれを弾いて、サム。時の過ぎ行くままにを(Play it, Sam. Play 'As Time Goes By.)」※第28位
3.ルノー署長役のクロード・レインズの名セリフ
 →「いつもの要注意連中を一斉検挙だ(Round up the usual suspects.)」※第32位


【カサブランカ:おすすめミュージック】



カサブランカ:おすすめyoutube情報









カサブランカ:個人評価=★★★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも何かを与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては全く意味を持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画


カサブランカ:購入するなら


本レビューが気に入ったら、クリック応援願います
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画レビューランキング